白銀の討ち手

己の妄想をネットという広大な海へ送り出すことに若干躊躇いつつも実行してみるブログ。現在は『白銀の討ち手』という灼眼のシャナの二次小説をarcadiaさんにて執筆中。

スポンサーサイト 

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ブリジットという名の少女】 Her name is Charis!! 一覧まとめ 【三次創作】 

Her name is Charis! !

 漫画『ガンスリンガー・ガール』の二次創作小説『ブリジットという名の少女』の三次創作でございます。今までまとめを作ってなかったので、続きが完成間近なこのタイミングで一覧をまとめた記事を作成しました。余裕がある時に作っておかないと。
 この拙作は、僕が『ブリジットという名の少女』を読んで深く感銘を受けた結果、ただただ「ブリジットを救いたい!」という情念に突き動かされてハイテンションのままに書いたものです。事後承諾にはなりましたが、作者様であるH&Kさんには許可も頂けました。その懐の広さに感謝です。ああ、H&Kさん。貴方と直にあっていっぱいお話をお伺いしたいです……。
 偉大なるH&Kの作品には完成度もストーリーも伏線も何もかもが遠く及ばないですが、もしも、ブリジットの物語にIFの世界を望まれる方がおられましたら、読んで頂ければ幸いです。鬱クラッシャーとTS娘の融合作品、ぜひご堪能くだしあ!






<Her name is Charis!! 第一部一覧>
第一話 前編
第一話 後編
第二話
第三話
第四話
第五話
第六話 前編
第六話 中編
第六話 後編

<ファッキング☆ガンスリ劇場>
シリアス好き?ひゃあ、ブラウザバックだ!【なんぞこれ】
H&Kさんに怒られても文句は言えない【ガンジーですら助走をつけて殴るレベル】

<Her name is Charis!! 第二部一覧>
第一話
第二話 前編
第二話 後編
第三話 前編
第三話 中編その1
第三話 中編その2
第三話 中編その3
第三話・後編その1
外伝 前編
外伝 中編
外伝 後編その1
外伝 後編その2
外伝 後編その3
外伝 後編その4

<名状しがたいオマケ的な何か>

ちょっとしたコネタ
ヒャーリスプロフィール
ブリジットはどこに行ったのかを妄想した 前編
ブリジットはどこに行ったのかを妄想した 後編
スポンサーサイト

【プレゼント企画】 アンケートのご協力依頼!! 【件さんに感謝】(追記 30' 2/6) 

未分類

 いつもお世話になっている件さんに、拙作のキャラクターのグッズを作成して頂ける件について、こちらの記事にて随時情報を更新していこうと思います。まずはアンケートの実施を行いたいと思いますので、後ほどご協力のほど、よろしくお願いいたします。(19' 12/31)


【追記】

 いざ結婚するぞとなると、やるべきことが想像を超えてありすぎて、一ヶ月経つのがあっという間でした。かなり遅くなってしまいましたが、上記の件についてアンケートを実施したく思います。記載順は、番号、拙作名、キャラクター名となっております。アンケート回答についてはどれを書いて頂いても構いません。


①『白銀の討ち手』 サユ
②『殿下は従者の愛を、従者は世界の革命を願う』 綾狩
③『エルフになって勇者と一緒に魔王を倒しに行くお話』 トゥ
④『素晴らしい変化を貴方に』 朝香 楓


 以上の4つです。拙作のキャラクターのチョイスにつきましては僕が担当させて頂きました。ご協力して頂ける方が一人でも多くいらっしゃれば、幸いです。ご協力のほど、どうかよろしくお願いいたします。(30' 2/6)

今年一年、お世話になりました&結婚のご報告 

未分類

 まずは、2017年締めのご挨拶をば。今年も皆様にはお世話になりました。多くの方に感想やメッセージなどを頂き、それらを大事な糧にして創作活動を続けてくることが出来ました。
 どんなに忙しくても、疲れ果てていても、小説のことを考えない日はありませんでした。アイデアを思いついては忘れない内にメモ帳やスマホに書き残して、いつか書く時のためにと備えていました。なかなか結果に結びつくことはありませんが、おかげで妄想が絶えない日はありません。妄想するのはとても楽しいです。シャナの二次創作、Fateの二次創作、ガンスリンガーガールの三次創作、さらにはオリジナル、それらの妄想をしては一人ニヤニヤとして、こっそりメモ帳にアイデアを書く……何よりも楽しいです。小説として形にして皆さんにお披露目することができればもっと良いのでしょうが、僕ももう30歳となりまして、時間と体力の限界が少なくなっていく中でなかなかそれも実現できていません。2017年で思い残すことと言えば、たった一つ、それだけが後悔として悔やまれることです。「どうせ趣味なんだから」の一言で片付けてしまえよ……という心の中の悪魔の誘惑に抗いながらも体は正直に負けちゃってるくっころ物書きとなっております。いや~、思い返せば小説を書き始めたのが18、19歳くらいですから、もう10年以上経ったんですね。まったく成長していない。これで一時は書籍化を目指すと息巻いていたのだから、若さって凄い。自分が老いたと思ってしまうとそこからどんどん老いてしまうとは同年代や諸先輩から聞いているのですが、それでも過去の自分を振り返ると恥ずかしさと羨ましさが湧いてきます。でもその分、成長してきている。それは間違いない。……と思いたい。

 さて、続いてプライベートなご報告です(プライベートじゃない報告なんてあるのかという話ですが)。

 結 婚 し ま す

 ええ、マジです。本当に結婚します。もちろん、ディスプレイの中にいる二次元上の存在ではなく。

 日にちは決まっていませんが、式も開きます。実は数日前に、彼女にプロポーズして、頷いてもらえました。奇妙な感覚です。実感が半分ほどしか湧いていません。婚約者が出来たなんて。一年前の同じ日には、一年後にこんなことになるなんて想像もしていませんでした。でも、嬉しいです。つい半年ちょっと前までは、「リア充爆発しろ!」って散々罵ってたのに、今では同棲のビジョンを二人で描いています。毎日のように会ってはドライブしたり温泉行ったりご飯を食べたりしています。愛車のミニを派手にぶつけてしまったりしましたが、なんだか全然、惜しくないんです。悲しいんですけど、でも、彼女が出来なければこの愛車はずっとガレージでピカピカに磨かれたまま、遠出に使われることもなく、宝物のように飾られていただけだったでしょう。でも今は、一万キロ以上を走って、タイヤも交換しないといけなくなるくらいに使い込まれて、ついにボッコリ装甲が凹む羽目になりました。それってきっと、車にとって最高の人生であると思うんです。だからちっとも惜しくないです。こんな考え方にだって、彼女が出来る前には絶対に出来ませんでした。まさか自分がこんなに寛容になれるなんて……。

 

 とまあ、僕自身のご報告は以上です。びっくり驚きのアンケートのご協力依頼がございますが、それは次の投稿にて。

 最後に、あらためて2017年は本当にお世話になりました。ハーメルンや当ブログで拙作に感想をくださった方、メールにてメッセージを送って下さった方、評価をポチっと押してくれた方、皆さんに感謝です。今年も大変お世話になりました。皆さまにとって来年2018年がさらなる飛躍の年となりますことを、心から願っております。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

そのエリカ、猟犬につき(後編の後編)の試作 

未分類

 



『貴女は、私の夢だからよ』



 “どうして、いつも私を助けてくれるの?”。

 二人っきりで整備する|Ⅵ号戦車《ティーガー》の中。何気ない質問を装った―――でも、心の奥底でずっと気になっていた私に問い掛けに、その人はいつになく真剣な表情で、そう応えた。


 その人は、本当に強かった。まるで戦車乗りになるために生まれてきたようなその人は、お姉ちゃんでさえ、ここぞという時に頼りにするくらい強かった。でも、どうしてか、勝利の花道は必ずお姉ちゃんや私に譲ってしまっていた。まるで、“|ここが私の定位置《・・・・・・・・》”とでも言うように。その気になれば、今すぐにだって相応の地位を掴める実力者なのは間違いないのに。その人に頼りっきりの私たちに愛想を尽かして他校に赴けば、あっと言う間に頂点に登り詰められるのに。一歩踏み出せば大きな可能性を掴めるのに、その人はどうしてか、その一歩を決して踏み出そうとしなかった。真っ先に勝利の栄光を掴める位置にいながら、常に一歩下がって私たちを優先させてくれた。

 もちろん、そのことに不満なんて無い。その人のおかげで、お姉ちゃんは2年生に進級してすぐに黒森峰の隊長となって国際強化選手にも指定されたし、私も副隊長に昇格して、二人してお母さんにも褒めてもらうことができた。ほんの少し前までは、戦車道でお母さんに褒めてもらえるなんて想像もできなかったのに。
 「誇らしい」と微笑んでくれるお母さんを前にして、思わず涙が流れるくらいにとっても嬉しかった。だけど、モヤモヤとした複雑な気持ちも抱いてしまった。だって、まるでその人を踏み台にしてしまっている気がしたから。自分の戦車道を見つけるキッカケを与えてくれた大切な友だちを、都合よく利用してしまっているような気がしたから。そんなこと、絶対にしちゃいけないのに。むしろ、私に前に進む勇気を与えてくれた恩を何としてでも返したいのに、その人は頑なに首を横に振って、逆に私の背を凱旋門に向かって押してくれる。自分が受けるべき賛辞を私に譲って、その人はそっと影から私を見守ってくれていた。そこまでしてくれる義理なんて無いはずなのに。


『―――西住みほ、貴女は私の夢そのものなのよ』


 そんな私の感情をまたも容易に見抜いて、その人は日頃の斜に構えた態度を脱ぎ捨てて、真っ直ぐに私の目を見つめてきた。何時になく生々しい感情を露わにした瞳は、まるで好きな女の子に気持ちを伝えようとする男の子のように純粋に煌めいて、当然のように私の胸は高鳴った。


『貴女をこうして見守ることが出来るのは、私にとってこれ以上ない喜びなの。貴女が、誰も見たことのない|より良い物語《・・・・・》を歩む姿を見ることは、その物語を他ならぬ自分自身が手助け出来ることは、私にとって文字通り夢のようなことなの。』

 

 

 狭く薄暗い戦車の中が、厳かな聖堂のようにその人の声を何重にも反響させ、私の心に染み込ませる。語尾が微かに震える声音は熱っぽく湿って、今までにない感情の発露を滲ませていた。今、この人は、もしかしたら誰にも見せたことのない|本当の自分《・・・・・》を曝け出してくれているのではないかという錯覚すら抱いてしまうほどに。

 

 

 『私のことを振り返る必要なんて無い。なぜなら、こうして、逸見エリカとして貴女と一緒に戦車道を極められることは、私にとって何物にも代えがたい夢のようなことなのだから。進み続ける貴女の背中を見ることは、私にとって至上の夢なのだから。|私のような《・・・・・》|人間が《・・・》、|一つの人生と《・・・・・・》|引き換えにしても《・・・・・・・・》、ようやく得られるか得られないかの最高の夢物語。―――だから、貴女は私の夢そのものなのよ』


 呼吸もおかずに一気呵成に告げられたその台詞は、まるで、聞く者の浅はかな迷いを吹き散らす巫女の祝詞のようで―――客観的に聞けば、想い人への熱い|告白《プロポーズ》のようだった。そのことに思い至ったのは私が最初で、次にその人だった。年上の貫禄じみたものを匂わせていた引き締まった表情が、こちらのポカンとした様子に訝しげに変わり、そして一瞬で同年代の女の子に戻った。銀髪に縁取られた頬がボンッと音を立てるようにピンクに染まり、切れ長の瞳がくるくる回転する円盤みたいに大きくなる。


「か、勘違いしないでよね! 別に、気負ってほしくて言ったわけじゃない。アンタが聞いてきたから答えてあげただけ。だから、」


 不意に、いつものぶっきら棒な物言いに戻ったその人が、爪先でペチッと軽く私の額を弾く。



「私がアンタら姉妹に気を使って成果を譲ってるんじゃないか、とか穿って考えなくてもいいってことよ。私は、私自身の夢のために今こうしてるの。私の望む全てが今こうして手の中に存在し、現実として叶ってる。気にされるようなことなんて何一つとしてないわ。後ろのことなんて気にしてる暇があったら、アンタはただ前を向いて、ズンズン進んでればいいのよっ」

 

 

 言って、その人は私の視線から逃げるようにぷいっと身体を逸らせて、そのまま目の前の照準器に力いっぱい顔を押し付けた。それでも照れ隠しを見るも無残に隠しきれていないピンク色の横顔に、私は心の底から微笑みを浮かべた。|防弾窓《ペリスコープ》から差し込む夕日が銀髪を黄昏色に染めて、とても美しかった。

 私は、この人の親友になれて―――逸見エリカの夢になれて、幸せ者だと思った。

 

 

 

 

 

 

「……だったら、最高の夢にしてあげないと、親友失格だよね」

「西住隊長? 何か仰いましたか?」

 

 こちらを振り返った、耳の良い黒長髪の砲手―――砲手が黒長髪だとなぜか落ち着く―――に何でもないと首の動きだけで応える。この想い出は、誰かにひけらかすようなものじゃない。私たち二人だけが秘めているべき宝物だと思うから。

 

「一度停車してください。外に出ます」

 

 今はここにいない、でも確かにそこにいてくれる親友に背を押され、私は衝迫に身を任せて立ち上がる。突然、頭上の指揮官用ハッチに手をかけた私を驚きとともに見上げた通信手に視線を返し、出来る限りゆっくりした口調で指示を下す。

 

「みほさ―――いえ、西住隊長。でも、外はすごい雨ですよ。せめて|雨衣《コート》を……」

「構いません。それより、全車にも前進停止を命じて下さい。この距離なら雷の影響を受けません。停車を命じたあと、私に繋いで」

「や、|了解《ヤヴォール》っ」

 

 強い雨風の中でも、無線通信は正確に私の言葉を届けるだろう。雷の直下では、何キロも離れていれば支障をきたすけど、最初から密集していれば影響は最小限に抑えられる。そう、|最初から《・・・・》。

 打てば響くような動作で操縦手がクラッチに足を滑らせ、通信手が|喉頭マイク《タコホーン》に指示を吹き込む。それぞれの無駄のない動作を横目に流し、私はハッチから雷雨荒ぶる外界に半身を乗り出した。途端、まるで夜のような暗闇と嵐のような豪雨に身を包まれる。どんよりとした晦冥の中、大粒の雫が|司令塔部《キューポラ》の甲板を容赦なく叩き、砕け散った飛沫が黄白色の光を反射して後方をキラキラと舞っていた。身体ごと振り向いた後方、雨飛沫の向こう側で、|黄白色の光《ヘッドライト》を放つ16輌のキャタピラがこちらと完璧に同じタイミングで停車するのを視認し、私は口元を思わず緩める。操縦手や通信手然り、17輌の整然とした動き然り、唐突な指示にも混乱せずにこうして鍛錬の成果を前に出せるのは、一人ひとりが優れた戦車乗りという証に他ならない。これもおそらく、訓練試合のたびに|怖い怖い銀髪さん《・・・・・・・・》に延々と追い回された結果なのだろう。

 くすっと笑みを零したあと、瞳を閉じ、私はほんのひと時の間、雨が顔を濡らす心地よい冷たさに意識を傾けた。きっと、あの人も今、同じことをしているという奇妙な確信があった。雨に身を委ねて、あの人も私のことを思っている気がした。遠雷をすり抜けて、あの人の美しいローレライの歌声までも耳に掴める気がした。

 

 

 

―――行くわよ。火を入れなさい。みほが待ってるわ。

 

 

 

「西住隊長、17輌全車と通信繋がりました。|作戦通り《・・・・》、密集隊形のおかげで雷の影響はほとんど受けていません。いつでもどうぞ」

 

 私の意識を引き戻したのは、あの人の声をした幻聴か、それとも通信手の言葉だったのか。どちらでも構わないと思い切り、私は空に向かって目を見開く。速く流れる風雲、激しく降り注ぐ雨、時折世界を一閃する稲妻。『決勝戦は雷雨になるわ』と予測したあの人の言葉は正しかった。やれ犬だ何だとひどいアダ名をつける人もいるけど、その生得の直感は、ヒトを超えて尋常じゃない。もっとも、それを信じて|雷雨を念頭に置いた作戦《・・・・・・・・・》を立てた私に偉そうなことは言えないのだけど。

 何も言わずただ雨に打たれるままの隊長を不審に思ったのか、各車のハッチから次々と車長が顔を出してくる。様子を伺う17対の視線が自身に集中したのを見計らい、私は首のマイクを触れる手に力を込める。大気中に電荷が満ちた状態でも、|この時のため《・・・・・・》に強化した近距離無線通信は私の声をクリアに届けてくれる。

 

『みんな、状況はわかっていると思います。30分前に、仲間の1輌が川に落ちました。さらにそこへ、ダージリンさん率いるグロリアーナ本隊の猛攻を受け、現在、私たちは陣形総崩れの体を成し、三方から迫るグロリアーナチームに追い詰められ、眼前の狭いクレーターに逃げ込もうとしています。相手は強襲浸透戦術を習得し尽くしていて、こちらの先手を打ってきます。本当に本当に強いです。間違いなく、強敵です。ですから、みんなにはもう一度、私たちの状況を説明したいと思います』

 

 そこで一度切り、全員に言葉が行き渡るのを待つ。彼女たちの表情は一ミリも変わらない。従容として直立する様は、まるで戦車の化身のようにほんの少しも揺らがなかった。その悠然とした力強い姿に、私は炎を浴びたように熱く勇気づけられる。この一年間、一緒に成長してきたのはあの人と私だけじゃない。みんなで成長してきたんだ。

 仲間たちの信頼に応える覇気を声に漲らせ、私はカッと目に力を込めて、全身全霊で告げる。

 

『|全て作戦通り《・・・・・・》です。|最初から今まで《・・・・・・・》、|全て《・・》。これもみんなのおかげです』

 

 誰が予想するだろう。誰が思い至るだろう。あの伝統ある黒森峰が、あの由緒ある西住流が、|こんな作戦《・・・・・》を執るなんて。私自身、信じられない。でも、あの人は言ってくれた。私には私の戦車道があると。私にしか出来ない、私だけの戦車道があるのだと。その戦車道を、誰よりも、他ならぬ私よりも信じてくれているのだと。

 仲間たちの目を一人ひとり見詰める。勝利への決意に静かに燃える表情が、私を信頼して浮かべる笑みが、私の心を限界以上に奮い立たせてくれる。限界など無いと錯覚するほどの途方のない力が、今、この胸の中に確かに実存している。隊長という重責を|楽しい《・・・》と思えるほどの余裕が、この手の中に確かに握られている。

 

 

 

―――さあ、作戦開始よ。

 

 

 

 またもあの人の幻聴が間近に聞こえる。きっと、幻聴じゃないのだろう。あの人も、まさにこの瞬間、作戦通りに事を進めようと濁流を掻き分けて踏み出し始めている。危険な役回りを飄々として受けてくれたあの人が、難しい作戦を難なくこなし、喜々として大好きな|戦場《いくさば》に駆けて来ようとしている。無線が通じなくても|理解《わか》る。あの人が私を信じているように、私もあの人を信じているから。

 

『それでは、“ゴボゴボ作戦”から第二段階の“ガブガブ作戦”に移します。各車、行動を再開して下さい』

 

 後方16輌、|前方1輌《・・・・》の各車長が旋風のような動きでハッチの中に滑り込んで各々の闘牛を鞭打てば、放射された排気炎が大気を揺らしてエンジンの咆哮を上げる。

 私は今、何の疑いもなく、自信と共に私の戦車道を歩むことが出来ている。だったら、あとはただ|証明《・・》するだけ。あの人の夢が、西住みほという夢が、誰も見たことのない最高の夢だと、全ての人に胸を張って誇れる夢なんだと証明するだけ。それが、あの人からの底知れない友情へ果たすべき、私の義務なのだから。

 

 

 

―――|戦車 前進《パンツァー・フォー》。

 

 

 

 視界の隅に、銀色の髪が靡いた気がした。ティーガーⅡの凄みある形容が激流を物ともせず驀進し、勢いを殺すこと無く川辺に上陸したかと思いきや、そのまま躊躇うこと無く鬱蒼とした林に突っ込んでいく。目指すは|第一の目標《・・・・・》。|黒森峰《こちら》の残存戦力18輌を三方から包囲するために、6輌編成に|別れてくれた《・・・・・・》グロリアーナ別働隊。

 

『|戦車 前進《パンツァー・フォー》』

 

 ティーガーⅠ【|改《・》】が再び大地を踏み締めて進み始める。|特別な装甲《・・・・・》を纏わせた愛機は、ティーガーⅡの姉妹機そのものだ。一見すると不必要な装甲にも、車両の配置にも、全て意味がある。その意味が結実するまで、あと少しだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、全てのことが一瞬のうちに起こった。

床で誰かのカップが砕け、紅い紅茶が飛び散る。

尊敬する隊長が叫ぶ。

 

 

 

 巨大な風船が眼前で破裂し、衝撃音に身体全体を包み込まれる。奥歯がガチガチとぶつかり、オレンジペコは否応なしに座席に叩きつけられた。


(続く)

Menu

プロフィール

主

Author:主
どもども。主(ぬし)です。駄文書きです。趣味は映画と小説とニコニコ動画です。灼眼のシャナやFate/zeroのSSなどを書いてます。小説の小ネタや、短編SS、映画のレビューやちょっとした雑記などを掲載していこうと思います。

何かありましたらこちらまでどうぞ↓
hakugin_no_utite※hotmail.co.jp
(※→@)

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

白銀の討ち手

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。