白銀の討ち手

己の妄想をネットという広大な海へ送り出すことに若干躊躇いつつも実行してみるブログ。現在は『白銀の討ち手』という灼眼のシャナの二次小説をarcadiaさんにて執筆中。

【ブリジットという名の少女】 Her name is Charis!! 一覧まとめ 【三次創作】 

Her name is Charis! !

 漫画『ガンスリンガー・ガール』の二次創作小説『ブリジットという名の少女』の三次創作でございます。今までまとめを作ってなかったので、続きが完成間近なこのタイミングで一覧をまとめた記事を作成しました。余裕がある時に作っておかないと。
 この拙作は、僕が『ブリジットという名の少女』を読んで深く感銘を受けた結果、ただただ「ブリジットを救いたい!」という情念に突き動かされてハイテンションのままに書いたものです。事後承諾にはなりましたが、作者様であるH&Kさんには許可も頂けました。その懐の広さに感謝です。ああ、H&Kさん。貴方と直にあっていっぱいお話をお伺いしたいです……。
 偉大なるH&Kの作品には完成度もストーリーも伏線も何もかもが遠く及ばないですが、もしも、ブリジットの物語にIFの世界を望まれる方がおられましたら、読んで頂ければ幸いです。鬱クラッシャーとTS娘の融合作品、ぜひご堪能くだしあ!






<Her name is Charis!! 第一部一覧>
第一話 前編
第一話 後編
第二話
第三話
第四話
第五話
第六話 前編
第六話 中編
第六話 後編

<ファッキング☆ガンスリ劇場>
シリアス好き?ひゃあ、ブラウザバックだ!【なんぞこれ】
H&Kさんに怒られても文句は言えない【ガンジーですら助走をつけて殴るレベル】

<Her name is Charis!! 第二部一覧>
第一話
第二話 前編
第二話 後編
第三話 前編
第三話 中編その1
第三話 中編その2
第三話 中編その3
第三話・後編その1
外伝 前編
外伝 中編
外伝 後編その1
外伝 後編その2
外伝 後編その3
外伝 後編その4

<名状しがたいオマケ的な何か>

ちょっとしたコネタ
ヒャーリスプロフィール
ブリジットはどこに行ったのかを妄想した 前編
ブリジットはどこに行ったのかを妄想した 後編
スポンサーサイト

Twitterの『高性能アンドロイド』ネタで思いついた小説のアイデア保存用(もちろんTS要素あり) 

未分類

 舞台は近未来の日本、東京。元・中国武装特別警察で、色々あって現在は名前を変えて日本で探偵をしている29歳の男『松田 俊作』が主人公。死んだ親友が最期に創った、親友の記憶を微かに秘めた少女ロボを秘書に従えて、裏社会の物悲しい事件を解決していくお話。『ビッグ・オー』のロジャー・スミスとドロシーの関係みたいに、段々とお互いに恋心が芽生えていく。




思いついたシーン


 雨に濡れる墓石は、まるで磨き上げられた黒曜石のように見えた。中国出身である彼の目には、日本の墓は大袈裟で仰々しく見える。だが、日本人は『死』を大事にする民族だ。日本人は『死』に意味を求める。生まれた意味と同じように、死んだ意味を見出そうとする。そこには何か理由があったはずだと。それは、墓の前で冬の雨に身を晒す中年の男にも当てはまるのだろう。隣り合う妻もおらず、身を守る傘も差さず、心を癒やす涙も流さず、たった一人でずっと墓の前に立ち尽くしている。


「俊作様。こんな時、人間は泣くものではないのですか?」


 どんな雨音にも掻き消されない美しい音色で、傍らの少女が尋ねた。黒を貴重とした質素なメイド服に身を包む、小柄な少女。長身の主人を覆うために傘を握る手をいっぱいに伸ばしているが、そのか細い腕が震える様子は微塵もない。色白の肌はどんな時だって雪のように白く、翡翠の瞳はいつだって不自然なまでに透明だ。本人が敢えて操作しない限り、それらに血管の筋が浮き出ることも、緊張に紅潮することもない。当然だ。彼女はアンドロイドなのだから。


「泣くのが得意じゃない人間だっているのさ、フェイ」


 彼―――探偵、俊作は少しぶっきらぼうになって答えた。俊作も、あの中年と同類だからだ。俊作も泣かなかった。兄弟同然だった親友の無残な死体を腕に抱いても、湧き出すのは涙ではなく、他の感情―――果てしない怒りだった。祖国への、そして自分への怒り。「お前が死んだ時もそうだったさ」とは口にしなかった。少女は、かつては自分が人間だったことを覚えていない。それに、俊作はもう少女をかつての親友と同一の存在とは思わなくなっていた。

 視線を男の背中に戻す。彼が父親としては失格の部類に入ることを俊作はよくわかっている。けれども、墓の中の若者のことが羨ましいと心から思った。死を悲しんでくれる人がいる。悲しみ方は人それぞれだ。女々しく涙で送ることだけが死者を弔う最高の行為ではない。雨に濡れてネズミのようになった安っぽいグレーのスーツ、恐竜のように短い手足、不必要に弛んだ贅肉、肌が覗く哀れな頭頂部。全て、男の“仕事着”だ。本来の彼を隠すもの。それらに身を包んでいないと、きっと彼は自分を保てなくなる。地に伏して懺悔する。それくらい悲しんでいるが、その情けない姿を死者に見せるべきでないとわかっている。彼もまた“兵士”だからだ。


「……そういうものですか」


 少女―――フェイは、納得したようなしてないような、如何にもアンドロイドらしいトーンでそれだけ口にした。説明する気分にもならない俊作は、「そういうものさ」と生返事して踵を返す。もうここにいる必要はない。俊作の仕事は終わった。彼一人にしてやるべきだ。息子の死とどう向き合うのかは、彼が決めることだ。

 俊作の予備動作を完璧に察知していたフェイがさっと傘を翻して半歩後に付き従う。俊作にも自身にも雨粒一つの被弾すら許さなかった。彼女は主人を守るためならなんでもする。そういう風にプログラムされたからだと彼女自身は思っている。重要なのは、そのプログラムについて、彼女がどう思っているかだ。


「……もしも、」


 その小さな声は、俊作にとっては銃声のような作用を及ぼした。驚愕に肺が膨らみ、一瞬だけ思考が空白化する。不安と期待がない混ぜになった声音は、そう発しようと狙って出せるものではない。自分の声帯が微かに震え、まるで年頃の少女そのもののようになっていることに、フェイは気付いていなかった。それどころか、俊作が驚いたことにすら気付いていなかった。踵を返す直前の筋肉の微細な動作すら察知できる性能が、役に立っていなかった。その事実もまた俊作をひどく驚かせた。


「もしも、私が死んで―――いえ、再生不可能なくらい壊れてしまったら、俊作様はどうされますか?」


 俊作は少し考えるフリをする。意地悪ではなく、そうしなければならなかった。そうして時間稼ぎをして平静を装いなおしてから、わざと素っ気なく応えた。


「タバコと酒をかっ食らう」

「……今もやってるじゃないですか……」


 そちらを見なくとも、フェイが肩を落とすのが気配でわかった。小さなため息までついて、まるで人間だ。何を期待していたのか自分でもわからず、それでも、今の答えが自分の求めているものとは違っているのだと理解して、視線を落とす。これがプログラムだとしたら、もう人間は神の領域に足を踏み込んでいる。


「もっとやるのさ。これでもかとタバコを吸い、これでもかと酒を呑む」


 「死んじゃいますよ」。呆れのため息とともにそう口にする。いつものフェイの調子に戻った。俊作は何も言わない。いつもの調子に戻ったフェイは、ようやく、俊作の体温が少し高いことに気がついた。思わず傘を持つ手が震えて、雨粒が頬に跳ねる。信じられないほど長い睫毛に雫が溜まり、漣のように震えた。先の言葉の含意を理解して、フェイは存在しない心臓が胸の内で鼓動する錯覚を覚えた。足が止まるなど、身体のパーツが上手くコントロールできなかった。顔の表面を熱いと感じた。俊作はこう言いたかったのだ。「お前が死んだら俺も死ぬ」と。

 俊作は振り返らなかった。フェイは振り返ってほしいと思った。その時、フェイが浮かべた表情は、彼女自身が驚くくらいに衝撃的で、そして美しかった。彼女が世界に類を見ない高性能のアンドロイドだということを―――そんな枠を超えて一人の少女として生きていることを、これでもかと証明するものだった。自失というにはあまりに短く、超高性能のアンドロイドにとっては致命的な二分の一秒の空白を乗り切って、フェイは何も言わずに歩を再開した。さっきの自分を見て欲しかったと繰り返し考えていた。どうしてそう考えるのか、という当然の疑問も押し流し、見てほしかったという理解不能の願いがメイン回路を支配していた。

 

 そうして、フェイはひどく錆びたカーブミラーに見向きもせず、その横を通り過ぎた。普段の彼女なら気付いただろう。しかし、気付ける余裕はなかった。俊作の体温がグンと上がったことにも、右足と右手が、左足と左手が同時に動いていることにも。

 そのカーブミラーは、折れかけてくすんでいても、役目をきちんと果たした。

 俊作は、ちゃんと見ていたのだ。



設定集


 主人公『松田 俊作』。本名は『藍 天(ラーン・ティエン』。長身痩躯、適当に切りそろえて手櫛を通しただけのクシャクシャの黒髪に、くっきりした目鼻立ちに大陸出身の気配をわずかに匂わせる青年。ヨレヨレの黒いスーツに、最後に油を塗られて久しい革靴、そしてそれだけやけに手入れされた黒ハットがトレードマーク。彼が名乗る日本名は、遠い昔に孤児院で観た、日本の探偵ドラマ『探偵物語』の主役からヒントを得たもの(ドラマの主人公は工藤俊作。演じたのは松田優作)。

 以前は中国人で、中国武装特別警察の武警少尉だった。親に捨てられた孤児院出身というつらい過去をバネにして、ハングリー精神で努力し、エリートである武装特警に入隊し、小隊を預かる小隊長に実力でのし上がった。その戦闘能力は非常に高く、国内でロシアンマフィアとチャイナマフィアの抗争事件があった際は単身で元スペツナズ3人を相手に奮戦し、軽症を負うも2人を殺害、一人を病院送りにした。国外では外交官の家族を狙うテロリストを重症を負った状態で撃退し、帰国後に病床で勲章を授与されている。

 孤児院時代からずっと親交を保ち、共に支え合い、励まし合っていた同い年の親友がいた。病弱だが誰よりも頭のいい友の才能をもっとも理解していた主人公は、金銭的な支援を行ったり、政府系の新興ロボット企業に親友を紹介したりした。しかし、実はその企業は裏では悪辣な軍事企業であり、しかも忠誠を誓っていた国家の高官が身勝手な理由でその親友を監禁・利用し、挙句の果てに殺害したことを知り、全てを投げ出すことを決意。一度は高官の暗殺を考えるも、目覚めた少女ロボを守ることを選んで思いとどまった。親友が残した、親友の記憶のカケラを持った少女ロボを引き連れて日本に逃れ、偽名を名乗って隠れていた。その後、様々な事情を経て、ボロアパートの一室で探偵家業を営むこととなる。現役時代に交流があった東京警視庁の警備部警備第一課特殊急襲部隊『SAT』の隊長とは現在も懇意にしており、その伝手で依頼が来たり、時には利用したりする。

 元警察官としての捜査能力、元特殊部隊としての戦闘力、そして裏社会で培った顔の広さと、優秀で生意気な秘書の助力を得ながら、今夜もタバコを夜闇に燻らせつつ怪しい事件の解決のためハードボイルドに奔走する。


 武装特警『雪豹突撃隊(Snow Leopard Commando Unit)』。

 中央軍事委員会隷下の中国人民武装警察部隊。現実にも存在している、北京市の準軍事組織である。正式部隊名は『北京総隊第13支隊第3部隊』。海外での外交官などの要人護衛と国内での対テロ制圧が専門。設立当初は極秘部隊であったことでも知られている。この組織は、言ってみればSWATとSEALsの中間みたいなものだが、可能な限りの逮捕を目指すSWATと違い、敵の制圧(殺害)を優先とする。荒事を引き起こす中国において、正規軍隊が介入すると内外的に具合が悪い際に投入される、一応警察という名の付いた実質軍隊。その戦闘力は極めて高く、航空機からのエアボーン、ヘリボーン訓練まで行っている。実際、世界中の特殊部隊が集まるヨルダン国際特殊兵コンテストではアメリカやイギリスを抑えて何度も優勝経験がある。一般の人民解放軍より遥かに練度は高く、人材も優秀。装備も充実していて、ハイテク機器を優先的に支給される。一個人あたりの装備品は総額400~500万円にも相当し、重装甲車や重火器も配備されている。制約の多い人民解放軍と異なり国外で活動することも多く、他国組織との交流も盛んな為、隊員の社交性や外国語の習熟レベルも高い。組織全体として世界に顔が広いという特徴も持つ。


 少女ロボ。名前は『フェイ(菲)』。同じ孤児院出身だった親友(男)の成れの果て、または残骸。親友が最期に創った、完璧な人型ロボである。フェイという名前は主人公が後から付けた名前。漢字の意味は『花が咲く』。

 彼は、体力は人より劣り、病弱だったが、心は誰より清らかで、幼少の頃から理工学の才能に溢れていた。主人公の金銭的支援と当人の苦学を経て清華大学機械工程学院をトップで卒業し、主人公の紹介を受けて新興のロボット開発企業に招かれた。彼はそこで、病気によって満足に動けない人間に新たな機械の肉体を与える技術を研究しようとしていた。しかし、その企業の裏の顔は戦闘ロボットの開発会社であり、しかも汚職を企む中国共産党高官の命令によって彼は監禁され、違法である様々な殺人ロボットを開発させられていた。ついに我慢できなくなった彼は開発データの引き渡しを拒み、データごと削除したため、怒った高官の配下に拷問され、最後には射殺される。行方不明になった親友を探していた主人公が見つけた時にはすでに死後数日が経過していた。隠されていた親友の最高傑作である少女ロボになんとか手探りで親友の脳から記憶をインプットしようとしたものの、主人公が専門の技術を持たなかったことと、拷問で受けた傷と死後数日の腐食による脳細胞の死滅によって、記憶はほとんど失われてしまっていた。

 フェイは、生前のことは何も覚えておらず、自分をアンドロイドだと定義し、淡々と言動する。自身の何もかもをプログラムされたものに過ぎないと達観している。というより、そう思い込まないと自我のバランスが崩壊することを本能的に理解している。拷問の様子を目にして、死ぬ直前に自身が受けた拷問を想起してトラウマ反応を見せる場面もある。

 目を開けて最初に見た主人公を主人だと認識して以後今日まで付き従う。従順で冷徹だが、実はユーモアがあり、小さな逆襲やイタズラも行い、冗談も口にする。また、根底となっている親友の性格を受け継ぎ、人情深く、優しい。非常に人間らしい所作をするが、当人はそれもまたプログラムされたものだと思いこんでいる。ロボットらしく、記憶能力やハッキング、声真似等などの便利機能を備えていて、探偵家業の秘書としては大変優秀。ただ、戦闘能力は保持しておらず、パワーは大の男に劣らない程度。たまに、微かに親友の気配を漂わせる仕草や話し方をするので、その度に何か思い出したのかと主人公をドキリとさせる。



憑依モードレッドの設定とストーリーアイデア集(試作) 

未分類

【憑依モードレッドの設定】

 Fラン大学に通う資格マニアのなんちゃって大学生の弟。資格集めにうつつを抜かす兄と違って、勉強熱心で頭はよく回る。国公立大でまじめに勉学に励んでいる。特に、高校から継続して航空力学・航空工学を専攻しており、同分野においては同期より頭一つ抜けて優秀。勉強一筋だったので少し世間知らずで気弱な性格だが、面倒見のいい兄に可愛がられてきたため、まっすぐで優しい性格をしている。
 最近、兄の影響を受けてFateシリーズにハマったオタク初心者。遠坂凛とモードレッドに自分に無い要素を感じており、好きなキャラの一位と二位となっている。二次小説や漫画をよく読んでいた。ある日、兄と共有する狭い部屋の二段ベッドの下で寝ていると、見に覚えのない声を聞いた気がして、気づいたらモードレッドに憑依して遠坂邸の屋根をぶち抜いていた。完全に巻き込まれ事故である。
 モードレッドとして、凛のサーヴァントとして、持ち前の頭の良さと原作知識を活かして懸命に戦う。口癖は「よくあるやつだこれぇ」。モードレッドの能力や知識には齟齬なくアクセスできる様子。

【マスター】遠坂凛
【クラス】アーチャー
【真名】モードレッド(憑依)
身長】154cm
【体重】42kg
【出典】アーサー王伝説
【地域】イギリス(日本)
【スリーサイズ】B73/W53/H76
【属性】中立・善
【ステータス】筋力B 耐久B 敏捷A+ 魔力B 幸運D 宝具A
【性別】女性(?)
【イメージカラー】赤
【特技】空力と揚抗比(航空力学)の計算

【固有スキル】
魔力放出:A
直感:C
戦闘続行:C
高速飛翔:A

【クラススキル】
対魔力B
単独行動B

【宝具】
 『燦然と輝く王剣(クラレント)』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1人
オリジナル・モードレッドが武器庫から強奪した宝剣。持ち主として認められない限り、カリスマ付与といったボーナス効果のほとんどは得られない。しかし、魔力増幅機能は健在。憑依モードレッドの邪気の無さに呼応して怨念も抜けたが、ついでに剣のやる気も萎えた。

『不貞隠しの兜(シークレット・オブ・ペディグリー)』
ランク:C 種別:対人(自身)宝具 レンジ:0 最大捕捉:1人
オリジナルと変化なし。目を合わせたくない時や、気まずくなった時は、すぐに兜をガシャガシャさせて顔を引っ込める。その度に凛から「顔を隠すのやめなさい!」と爪でガリガリ引っかかれて、「黒板を爪で引っ掻くみたいな音がするぅう」と情けない悲鳴を兜の中で反響させる。

『鎧兜変形・突撃用亜音速到達形態(ジェットストライカー・モードレッド)』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:1 最大補足:1人
Fate/zeroにおいて、セイバー(アルトリア)がバイクに魔力を流して変形・強化させていたこと、モードレッドの兜が本人の意思に従って瞬時に変形することを思い出した中の人が考案した形態。



【アイデア集】

一番好きなキャラである凛を護ろうと、原作知識を活かしながら懸命に頑張る。序盤、士郎が土蔵で召喚したセイバー(アーサー王)に遭遇し、あわや斬りかかられる寸前、機転を利かせた土下座を超える五体投地で「ごめんなさい父上!!!!」と額を地面に擦り付けて謝罪することで何とか事なきを得た。

「悪かったと思ってますホントに!裏切りとかホントかっこ悪いですよね!若気の至りっていうかなんていうか!今はもうホントに心の底から反省してるんで!ホントにホント!」と凄まじい勢いで謝罪することでセイバーはドン引きしつつ「お前も丸くなったのだな」と納得。以後、不思議な同盟関係となる。


モードレッドの知識にアクセス出来るのでセイバーの質問にもちゃんと答えられるし、モードレッドの複雑な気持ちを客観的に整理した上でセイバーに伝えたりする。なのでセイバーはモードレッドが感じていた惨めさや寂しさ、誰よりも父上に認めて欲しいと願っていたことを知らされ、衝撃を受けたりする。



「……あの時、オレは、認めて欲しかったんだと思います。貴方に対して弓を引けるのは―――貴方を振り向かせられるのは、他でもない、貴方の血を引く自分自身だけなのだと、貴方に伝えたかったんです。でも、素直じゃなくて、口下手で、馬鹿だから、あんな伝え方しかできなかったんです」
「………」



Twitterでギルガメッシュ(“金ピカ”、“冬木”で検索)の場所を特定するなどして戦いの流れを有利に進めることに貢献。終盤、セイバーの『エクスカリバー』と、自らの宝具『クラレント・ブラッドアーサー』を同時に開放して威力を倍増させることに成功し、ギルガメッシュの撃破に成功する。



全令呪をブースターとして使用し、さらに自らを構成する魔力すら総動員しての宝具全力開放だったため、憑依モードレッドはセイバーを残して消滅する。消滅する寸前、自分がモードレッドだったら何と言い残すかを考え、セイバーに「後悔なんてしないでくれ。アンタが王でよかったんだ」と言って消える。


その後、残されたセイバーはスッキリした面持ちで聖杯を破壊し、彼女にとっての英霊の座、即ち死屍累々のカムランの丘に帰還する。けれどもそこにはもう後悔はなく、傍らで血の海に沈むモードレッドを「すまなかった、愛する我が子よ」と抱きしめる。モードレッドは涙を流して微笑み、そっと息絶える。


動く者のいないカムランの丘を見渡しながら、けれどもセイバーは後悔しない。全員がひたすらに全力で走ってきた結果をもう否定しない。そう心に決めて、彼女は再び剣を取って歩き出す。するとチラホラと生き残った騎士たちが立ち上がり、また彼女についていく。そうして、新たな騎士王伝説が始まった。

『せっかくモードレッドに憑依したんだから遠坂凛ちゃん助けちゃおうぜ!』を投稿しました&お知らせ 

二次創作

 まずはタイトルの通り、『せっかくモードレッドに憑依したんだから遠坂凛ちゃん助けちゃおうぜ!』をハーメルンさんに投稿しました。先日の当ブログ公開バージョンより少し修正しての投稿です。また後日に、『続きを書いていたらこんな感じにするつもりでした』というアイデアを投稿します。続きは、本当に書くつもりはないです。思い付きを短時間でムリヤリまとめたものですので、書き続ければきっと齟齬が生じてきますから。
 「このキャラならどんな戦い方が出来るだろう。なるべく突飛な、原作のモードレッドがしないような戦い方は?」と考えた時、いろいろ思い浮かびました。『兄と違って頭がいい。理系で、主に流体力学と航空工学に特化して勉強していた』という設定にして、変形機構を有するモードレッドの鎧を自分なりにさらに変形させ、自身を飛翔体として、クラレントによる増幅も用いた魔力ブースターを爆発的推力として、敵に対して亜音速突撃からの斬撃で戦う……というものです。他にも、校庭に埋設された散水用の排水管に魔力を流し込んで気化爆発を起こし、驚いたランサーに水蒸気の膜を突き破って高速突撃、なども考えました。原作のモードレッドが感覚による力技で戦うのに対し、計算を用いて理性的に戦うモードレッドは面白いんじゃないかな、と。他にも幾つかありますが、それらはハーメルンさんでの投稿の際に語らせてください。


 さて。作者である僕についての御報告も少々。最近、ブログの更新がほぼきまって平日昼にされているのですが、気付かれた方はいらっしゃいますか。いないですか、そうですか。ですよね。
 誰にも聞かれないから自分で説明しますが、実は、夕方はなるべく残業してお金を稼ぐようにしたり、夜はほとんど別のことに費やしているのです。というのも―――人生初の彼女ができたのです!!!
 これは、ネット上では長年お世話になってる件(くだん)さんにしかまだお伝えしていなかったのですが、付き合って4ヶ月に差し掛かろうとしている今、お知らせしておこうと思いまして。夜は時間を合わせてドライブに行ったり、電話したりLineしたり、休日をあわせて小旅行に行ったりしてます。なので、小説を書くのは職場のパソコンで、お昼の30分と少しだけの時間です。
 いやはや、女の子と付き合い始めたら、小説を書く時間も体力も気力もなくなるんだと思ってましたが、不思議と色んなことに前向きになれて活力が湧いてくるものです。職場環境が変わったことも大いに影響してるでしょう。職種がまったく変わったので、お給料は減りましたが、その分、時間は出来ましたし、精神的な負担も減りました。もう外国人相手に気をもむことはないですし、朝も夜もスマホを肌身離さず持ち歩いて急な案件に対応することもなくなりました。今はただ、もっとお金を稼ぎたいし、もっと遊びたいし、昇進もしたいと思えます。ただ、この期間はきっと長続きするものじゃないこともわかってます。責任者になって、昇進のために試験も視野に入ってくれば、また余裕はなくなるでしょう。だからこそ、今出来ることをやろうと思います。昼は仕事して、ちょっとの時間を見つけて小説を書いて、夜は遊んで。今しか出来ないことを全力でやっていこうと思います。
 本日語ることは以上です。では!!

Menu

プロフィール

主

Author:主
どもども。主(ぬし)です。駄文書きです。趣味は映画と小説とニコニコ動画です。灼眼のシャナやFate/zeroのSSなどを書いてます。小説の小ネタや、短編SS、映画のレビューやちょっとした雑記などを掲載していこうと思います。

何かありましたらこちらまでどうぞ↓
hakugin_no_utite※hotmail.co.jp
(※→@)

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

白銀の討ち手

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR