エルフになって勇者と一緒に魔王を倒しに行く話

『エルフになって~』の今後の流れとアイディア

 ←Her name is Charis!! 外伝 前編 →トゥの飲酒泥酔イベント 試作
さてさて、長編ファンタジーの体裁をとってみたはいいけど、如何せん旅の途中で何をするかが決まっていなかったこの作品ですが、ようやく何かが見えてきた気がします。忘れないようにしっかり書いておこう。
主人公たちの目的は、「魔王を倒す(その後セレブライフを手に入れる)」こと。しかし、その方法では騎士団を率いるクアムと対立する。さらに、クアムは己こそ勇者に相応しいと考えているため、カークを葬りたいとすら考えている。
以下、今後予定しているイベントの試作部。

※自分こそが勇者に相応しいのだと喚き散らしてカークを侮辱するクアムに対してトゥが突然立ち上がる。

「剣を抜きなさい、大隊長」
「―――は?」
「と、トゥ!?」
ざわりと人々の間に戦慄が走る。トゥがりんごを掴み、親指と人差指と中指でぐっと掴む。
「これを弾いてみなさい。そうすれば、貴方を勇者と認めましょう」
言うやいなや、トゥがまっすぐに伸ばした片足を下着が見えるのも構わずに大きく振り上げる。牝鹿のような雪色の足が鎌のように宙に静止したかと思いきや、次の瞬間には振り子のように高速で振り下ろされる。上半身を捻りこむような見たこともない投球法で解き放たれたりんごは、クアムが反応する暇も与えずに奴の顔面で爆ぜた。
「カークは、不意打ちで投げられたこれを瞬時に抜刀して弾いてみせました。貴方に同じことができますか?」
己に何が起こったのかも理解できないクアムを見下ろし、静かに問いただす。クアムは答える代わりに、「女のくせに」とだけ低く呻いた。
「出来ないのであれば、貴方は勇者失格です」


という感じにわざとクアムを怒らせ、その後、復讐に燃えるクアムから送り込まれた刺客を撃退して逃げるように首都を後にする。怒りに燃えるクアムは騎士団を従えてやっぱり遠征を開始。すると、世界を飲み込むように展開していた魔王軍が遠征軍に対抗するために一箇所に集中する。敵がまとまっている間に、後方に回りこむ形で魔王を倒す。トゥは騎士団を囮にした、ということ。
この後、テントと簡易調理器具を持って魔王軍の後方に回りこむ旅を始める。その途中で様々な亜人族の村や、人間の首都に立ち寄って、ストーリーを展開させてゆく。その過程で先代エルフの日記や、その他まだ思いついていないイベントや心理の変化を入れていこうと思う。

そして、どこかでトゥがお酒を呑んで酔っ払うイベントを入れようと思う。

「それは何ですか?」
「酒だよ、トゥ。君の世界にはないのか?」
「ありますが、年齢によって飲酒は禁止されていました。私は飲める年齢に達してはいなかったので経験はありません」
カーク、進んだ文化に驚く。エルフは寿命が長いのだからいったい何十歳になったら酒が飲めるのか。
「興味があるのかい?」
「少しだけ」
「じゃあ、ほら。そんなに強くないから、きっと大丈夫さ。蜂蜜酒だから甘いよ」
「では、ちょっとだけ」
案の定、酔っ払う。エルフ語で騒いでカークを散々困らせて酒場をシッチャカメッチャカにした後、ケロリとした顔で目が覚める。記憶はなくなっている。
「君には二度と酒は飲ませない」
「そ、そんな!あんなに美味しかったのに!」
「エルフが年齢制限をしている理由がよくわかったよ」

こんなイベントを入れる予定。他にも思いつかないとイベントが足りない。頑張ろう。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 二次創作
もくじ  3kaku_s_L.png 性転換
もくじ  3kaku_s_L.png 白銀の討ち手
もくじ  3kaku_s_L.png 小劇場
もくじ  3kaku_s_L.png Her name is Charis! !
もくじ  3kaku_s_L.png TS
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
  • 【Her name is Charis!! 外伝 前編】へ
  • 【トゥの飲酒泥酔イベント 試作】へ

~ Comment ~

イベントか…… 

この状況のイベントだと、魔王軍の侵攻で火事場泥棒の被害にあってる街や村があったとしてもおかしくはない。
つまり滞在中の村で魔王軍と一悶着、だけどここで正体がバレると後方に回り込めなくなってヤバい、しかし放っておくことは2人の性格的にできない、みたいなイベントとか。

旅の途中でサバイバルするのがいかに大変か自殺島ばりの苦労をとつとつと語ったりするイベントとか。

「星ってこんなに綺麗だったんですね……」「あなたの方が綺麗ですよ」的なイベントだとか。

ふむふむ、そう思うとファンタジーというジャンルは妄想が加速するなぁ。
進行中のオリジナルは現代サスペンス伝奇ホラーという訳の解らんジャンルだから、まずはキャラの関係性を一から作らんと……。
一般人が超常的な出来事に対して詳しい訳じゃないしね。

エルフというアドバンテージで本人の知らない重要な繋がりができてますし、意外と立ちよる先々で騒動起こしそうですね。

 

いい展開ですね。熱くなるな
アイディアが湧かない。今の私では役者不足のようです。

NoTitle 

>上条信者さん
なるほど。魔王軍と小規模の戦闘が起きる、というわけですね。そのイベントで主人公の意識にも変化が生じるようにしたいです。虐殺される弱者を放っておけない→世界を救うという使命感を少しは持たせるようにしたい。でも、あんまり重い話にすると主人公のさっぱりした性格を乱すことになるし……。この辺りはバランスが大事ですね。
旅の途中にテントの中で寄り添って眠るというのもニヤニヤ出来るイベントでいいですね。湖の畔で星空を見上げながら、エルフの世界の話をしたり、セシアーヌの話をしたりして、まるで恋人同士のような時間を過ごすというのもほっこりできていいです。
とても参考になるご意見でした!!ありがとうございます!!

>悦さん
滅相もないです!!物語に必要なアイディアを考えるのは全て僕の義務であり責任です。それなのに助言をしてもらえるなんて、僕はとてつもない幸せ者です。チートを使っているようなものです。アイディアメモのブログ記事にコメントを頂けるだけでめっちゃ嬉しいです。ありがとうございます!!

思いついたアイディア 

一度カークの家に寄る。そこでカークを育てたスールー夫妻と出会い、夫人のお下がりの召し物を貰って変装する。その間、カークは養父から先代勇者の墓の言い伝えを聞かされる。
そのすぐ後、部下の騎士が訪れ、エルフにビックリ仰天する。その部下の騎士は元は戦士から成り上がった家系で、元を辿ればかつて先代勇者のパーティにいたこともある。このネタは、エルフ/zeroを描くことがあった際に使いたい。同様に、アールハント家の始祖になった少年も、先代勇者と先代エルフに子どものように可愛がられていたという設定を入れておきたい。

悦 

メッセージをどうぞ

アイディア 

トゥが騎士団を囮にするパターンだと、騎士団にカークの友達がいたりすると面白いかもしれませんね。
カークと違って、力なく頭悪く。団長におべっかだけ使って出世したダメ人間が、初めてカークの為に動くとか。

囮だと気づきかねない臆病者の団長を騙し、おだて。トゥとカークの為に汚れ役として騎士団に残る友人。
「すまんな」
言葉少なく謝罪するカークにランスは笑いながら「ーー知ってたか?俺はお前がずっと羨ましかったんだ」
剣の才能に恵まれ、頭脳明晰。
権力争いに敗れ、貴族から平民に落ちぶれ。
……それでも、己が実力だけで騎士団入りしたその力。
剣の才能も頭脳も。それを努力し、伸ばすことすらできない。団長に取り入り、心にもない世辞を言って。這い上がるしかない怠惰な自分。
そんな怠惰なランスには、そのカークの愚直さが何より眩しかった。

でも、そんな。ズルい自分だからこそ。
できることがあると、ランスは胸を張って笑った。
「……やっと。お前と肩を並べられる」

カークは何も言えず、ランスは笑いながら団長の元に走っていく。

つまらない男、力なく腰巾着と罵られ続けたその男の背を。
カークはただ、見続けていたのだ。

……、みたいなモブキャラ(笑)

NoTitle 

やっとこさ、全話見終えましたー
 学校の図書室で見ていた、海外ファンタジーを思い出して、柄にも無くわくわくしちまいましたよ(笑)
 この先、ドラゴン的な何かも出たりすんですかね?
 それと、アイディアというには安易過ぎですけど、お風呂イベントとかどうでしょ?
 次も楽しみにしてますね。

NoTitle 

>名無しさん
カークの友人を登場させて、そちらの視点も増やしてみるのもいいかもしれない!!ありがとうございます!!
後々、敗走する騎士団を立て直す役目になったり、騎士団から有志を引き連れて主人公たちを助けに馳せ参じたり……。使いドコロはたくさんできますね。これは使える!!

NoTitle 

>rakiaさん
僕も、大昔に読んだファンタジー小説のような、読み進めるのが楽しくてワクワクしていた冒険物語を思い浮かべながら書いてます。それにライトノベルの要素を混ぜ込んで、どちらの旨みも引き立てられるように鋭意努力していきます!!
ドラゴンは確かにファンタジーには付き物なんですが、使いドコロが想像ないのです。1000年前に先代エルフと先代勇者と会ったことがあるドラゴン、というアイディアを思いついたはいいものの、さてどんな場面で登場させればいいのかなと考えると頭を捻ります。うーむむ。でもドラゴン使いたいなあ……。


>お風呂イベント


    そ れ だ ! ! ! ! 


  

アイディア 

酒癖がわるい
絡み酒ならいい展開になるのでは?私の酒が飲めないのかぁ!!って騒いだり、いきなり弱気になって擦り寄ってきたりといったことが起こります。

ひとつ気になるのは侵略地域の人間はどうなっているのかと言うことですね。
先代に残った良心が弱者を生かしていて、カークと二人で不思議に思ってる。ってかんじのかな。


喧嘩とかもさせたいなぁ。
食べ物の好みとかのちょっとした理由とかいけそう




ドラゴン 

ドラゴンは無茶苦茶なバランスブレイカーですからね~。出すのが難しそうな気がします。
いっそのこと子供ドラゴンとかいいかも。卵から生まれる瞬間にトゥをみて、すりこみで親代わり。そして旅の仲間に、とか。今は雑魚でも成長したら弾よけに使えるかもと打算で動くトゥとか。
いや、やっぱ無理か(汗)

NoTitle 

>悦さん
>酒癖が悪い
そのアイディア、頂いた!!さっそく試作してみました!!

侵略地域の人間は軒並み殺されているということにしようかとも漠然と思っています。でも、先代エルフに良心が残っているという設定を入れるのなら、たしかに殺されなかった=見向きもされなかった女子供がいても不思議ではないかも知れませんね。

喧嘩!いいですね痴話喧嘩。それこそ夫婦みたいに、どうでもいいことでケンカする様子とかニヤニヤできそうだ!!

NoTitle 

>名無しさん
なるほど!主人公たちのパーティに組み込むわけですね。「後々、兄妹な戦力になるし、厨二心を刺激するからぜひ手元に置いておきたい!」という打算……うん、実にトゥらしい!!
主人公たちの物語を、その後何百年も語り継ぐ老ドラゴンになる、とかいうラストもいいなあ。ああ、妄想が溢れてくる。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Her name is Charis!! 外伝 前編】へ
  • 【トゥの飲酒泥酔イベント 試作】へ