未分類

映画『アウトロー』見てきたよ!

 ←大⑨州東方祭に行って来ますた!! →映画『ベルセルク』見てきた! & 『雁夜おじさんが勇者王を召喚してもう何が何やら』の試作
『アウトロー(原題:Jack Reacher)』を見てきたよ!トム・クルーズの魅力を最大限まで引き出した映画だった。アクション・ハードボイルドな一面も持ち合わせつつ、シャーロック・ホームズのようなミステリー要素も多分に含まれていて、とてもワクワクドキドキできた。この映画の原題は「ジャック・リーチャー」で、主人公の名前であり、原作小説のタイトルを差す。原作はイギリスのベストセラー小説で17巻まで続いてる。もしかしたら次回作も期待できるかもしれない。


アウトロー


ストーリーはこんな感じ。
温かな陽の差す平和な町中で、突如として5発の銃声が鳴り響き、5人の無差別狙撃殺人事件が起きた。そのすぐ後、たくさんの証拠を残していてイラクで殺人事件を起こした元米軍スナイパーのジェームズ・バーが自宅で睡眠薬を飲んでグッスリなところをタイーホされた。有罪&死刑台送り確定かと思われた矢先、ジェームズは何も話さずにメモ用紙に「ジャック・リーチャーを呼べ」とだけ記す。
証人かもしれないと思って警察は調べてみるが、見つからない。このジャック・リーチャー、確かにアメリカ人として実在はするらしい。パスポートは発行されている。しかし、運転免許証もなければ保険にも入っておらず、個人を特定できるものは何もない。自分を縛るものは何も持っていない。ただ、以前は米陸軍に所属しており、抜群の軍歴と英雄の才能を示しながらある日軍にさっさと見切りをつけて旅立ったことはわかっている。凄腕の憲兵として、世に出てはならない幾つもの軍の不正を暴いてきた経歴もらしい。どうやら戦闘のプロだけではなく捜査官としてもプロらしい。さて、そんな不思議で有能な人物をどうやって呼べばいいのかと頭を抱えていた検事と警察の前に、なんとジャック・リーチャーの方からひょいと顔を出してきた。彼は告げる。「俺を呼んだな?」と。
ここから、解決間近だと思われていた事件はどんどんひっくり返っていくことになる。豊富すぎる証拠、護送車の中で暴力を受けて意識不明となり何も証言できなくされたジェームズ、5人の犠牲者の中に見えてきた“敵”の
目的、暗躍する“裏切り者”の影。謎は謎を呼び、明らかになるに連れて膨れ上がっていく。それらの闇に対し、主人公は決して怯まず、妥協せず、そして法に縛られない。己の正義だけを拳に握りしめて悪の土手っ腹に風穴を開けていく。それが、ジャック・リーチャー。自由に生き、不正を許さず、法ではなく純粋な正義で殴り飛ばす。悪が消え去れば、その街からはさっさと消え去り、また次の街で自由に生きる―――。

この主人公のキャラクターにトム・クルーズはよく似合っていると思う。原作を読んだことはないんだけど、トム・クルーズでしっくりくる。他の俳優だとそうはいかない。荒々しさと紳士さと聡明さと優しさと経験に裏打ちされた自信と、何より男も女も惹きつける色っぽさ、強い輝きを秘めた瞳の魅力。新人俳優には絶対に出来ないし、単なる肉体派俳優にも出来ない演技を魅せつけてくれたと思う。
カースタントは全てトム・クルーズ自らが行った。9台用意された車を全て乗り潰さんばかりの勢いで使いまくって撮影されたらしい。約100キロのスピードで狭い路地をカーチェイスするカマロはめちゃカッコイイ。アメ車の良さってこれだよね。爆音を響かせ、多少のことじゃ壊れない。どんなムチャにも付き合ってくれる。カッコ良かった。毎度ながら、格闘シーンもカッコイイ。現実の護身術の延長線上の格闘を意識したらしく、リアリティがあった。トム・クルーズの経験豊富さもあってか、短い戦闘にもたっぷりとかっこ良さが満ちていた。
ジャック・リーチャーの前に立ち塞がる暗殺者役にはジェイ・コートニーが選ばれた。なんとこの人、今月上映開始の『ダイ・ハード/ラスト・デイ』で、ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)の息子のジャック・マクレーンを演じてる。ハリウッドにその名が輝く2大アクションスターと一気に共演を果たしちゃってるときた。しかも一方は悪役で一方は良い役。凄い経歴だなあ。うらやま。

あ、そうそう!もしもまだ『アウトロー』を観てなくてこれから観ようと思っている人がいたら、どうか一人の警官に注目して欲しい。パンフレットに載っていて初めて知ったんだけど、原作小説『ジャック・リーチャー』シリーズの原作者、リー・チャイルドがこっそり警官に扮して登場している。ケンカ騒ぎを起こして留置場に入れられていたジャック・リーチャーが警察署から開放された時、彼から没収していたパスポートと歯ブラシを警官が手渡し、ジャックとチラリと視線を交わすシーンがある。その警官が原作者のリー・チャイルドさん。ジャック・リーチャーの唯一の所持品はパスポートとマイ歯ブラシ。これは原作者が「あなたこそジャック・リーチャーに相応しい」とトム・クルーズを認めたという意味があるのかも。粋な演出、そこに痺れる憧れるゥ!


長くなってしまったけど、今回の映画も面白かったです。今月はゴースト・ライダー2やらダイ・ハードやらレッド・ライトやら脳男やら、観たい映画がたくさんある。今月を過ぎても、GIジョー2やスター・トレック2が待っているし、楽しみだ。でもニコニコ超会議2に参加するための費用も貯めなければ。しばらく車への大掛かりな投資は自重しなければなるまい。頑張るぞ!!
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 二次創作
もくじ  3kaku_s_L.png 性転換
もくじ  3kaku_s_L.png 白銀の討ち手
もくじ  3kaku_s_L.png 小劇場
もくじ  3kaku_s_L.png Her name is Charis! !
もくじ  3kaku_s_L.png TS
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
  • 【大⑨州東方祭に行って来ますた!!】へ
  • 【映画『ベルセルク』見てきた! & 『雁夜おじさんが勇者王を召喚してもう何が何やら』の試作】へ

~ Comment ~

映画 

どうも愉悦淑女です(笑)今回の映画批評拝読しました!これ読むと映画観たくなる主マジック。個人的にゴーストライダー2が気になってますが、ニコラス・ケイジが未だに違和感感じる…。同じアメコミならスポーンをリメイクして欲しい。無いわ…あれは。

自分も見ました~ 

でも正直思ったより大人しかったのでちょっと評価は低めなんですが(苦笑
あれなんですよ、この映画の監督が依然取った『誘拐犯』という作品のインパクトが凄過ぎて(主に銃撃戦的な意味で)、逆にアウトローの方の銃撃戦が優しく思えてしまったんですよ。
でも銃自体の描写は細かくて良かったと思うんですけど。

ちなみに『誘拐犯』の方はベニチオ・デルトロが主役の片割れだったりします。
言っときますがこの映画は作品というよりも銃撃戦を見る映画であって万人受けするかはまた別なのでお気を付け下さいw
あとOptoスタッフロールで流れるBGMがカッコ良過ぎて濡れます。

NoTitle 

ほうほう、そういう社会の外にある正義という奴はやはり憧れますなぁ。自分で出来る事、理想を諦めないという生き方は、男なら一度はやってみたいもんです。
人民を守る物として国の“名目”が在る訳ですが、案外独裁したり摩り替ったりで不安定ですしなぁ。
個人でありながらも、絶対にブレない“正義”を貫く姿勢は、今度公開のダイ・ハードにも通じてる気がします。
組織で暮らすなら決して支持してはならないが、憧れて力を貸す位はしちゃいそうな感じですね!

NoTitle 

>件さん
ゴーストライダー2、明日見に行って来ます!ニコラス・ケイジは確かに最初は違和感がありました。ブラピみたいなイケメン細マッチョの方が良かったかも?でもゴーストライダー1を何回か見ていたらニコラス・ケイジでも良いかなと思えるようになりました。ニコラス・ケイジ本人もとても気に入ってる役だと聞いたことがありますし、熱が入った演技をしてくれるならファンとしては喜ばしい限りです。
スポーン、僕もずっと前に見たことがあります。「ワンダ―――ッ!!」っていう叫びがやけに耳に残ってますwww原作のアメコミを見ていないので何ともいえないのですが、ぜひ現在の最新技術でまたリメイクして欲しいですね。アベンジャーズ2に出てほしいです。

>ゼミルさん
ジャック・リーチャーはもっと好き勝手に暴れまわって正義を貫いても良かったかもしれないですね。監督インタビューによると現実に近いリアリティを大切にしたらしいので、主人公が法律無視しまくる描写は避けたのかも。銃撃戦も確かに大人しかったというか、規模が凄く小さかったですね。これもリアリティの犠牲なんでしょうか。
ゼミルさんがそこまで推す『誘拐犯』、ぜひゲオに行って借りてみます!!

>enkidさん
おお、さすが鋭い。パンフレットの原作者インタビュー欄で、原作者が「誰もが望むヒーロー像」と言ってました。雁字搦めの世の中で暮らしいていると余計に羨ましく感じるのかもしれないですね。何にも縛られない正義―――カッコイイ。

 

グダグダ抜かすのが面倒なので単刀直入い申し上げます。
この映画のカマロに乗りたいんですがどうすれば良いんですかね?(笑)

NoTitle 

>ヤンデルセン神父さん
シボレーの中古車を扱ってるお店を探し回ればあるいは……!でもアウトローに使われてた初代カマロって本国アメリカの4つの州で探しまわって9台しか見つからなかったらしいですから、果たして日本で見つかるのか……。wikiで見たら日本で新車販売された初代カマロはわずか10台だけだそうです。中古で日本に入ってきてたとしても相当なプレミア価値がありそうです。
でもカッコイイですよねえカマロ!トランスフォーマーのバンブルビーは最新モデルのカマロでしたし。新車で600万もしますけど。どうしろと。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【大⑨州東方祭に行って来ますた!!】へ
  • 【映画『ベルセルク』見てきた! & 『雁夜おじさんが勇者王を召喚してもう何が何やら』の試作】へ