未分類

久しぶりのブログ更新と映画『許されざる者』の感想

 ←ちょっとした試作品。続きを書くかは未定 →ヒャーリス試作『改』
一ヶ月くらいブログを放置してしまっておりました。17時きっかりに帰れていた日々は終わりを告げ、毎日残業する日が続きます。残業と言っても、翌日の準備とか自分の勉強のためなのですが。仕事を任せてもらえるようになったということは戦力として認められてきたということなんだと思うと嬉しいような、これで僕も社畜の仲間入りかなと悲しいようなwww
この一ヶ月で、任される仕事が倍以上に増えて、責任もちょっとだけ負わせてもらって、仕事のタイミングも自分の裁量を持つことが少しだけ許されました。今の部署に来て、10月で遂に3ヶ月目に突入です。この部署の前にやっていた、日がな一日伝票やパソコンに向きあうだけの経理の仕事よりはよっぽど自分に向いていると思うし、怒られることばかりですがそれでも楽しいです。お客さんを相手にする仕事はやり甲斐があります。「もっと喜んでもらうにはどうすればいいだろう」と考えるのは難しいですが楽しいです。

 皆さんは、仕事に対してどんな思いを持ってますか? 僕は、就職する前は「面倒くさいし、できればやりたくないし、やらなくても生きていけるならやりたくないけど、しないといけないから仕方なくやるもの」でした。就職した後も、今も、大して変わっていません。宝くじで大金が当たったら辞めちゃうかもしれません。でも、辞めた後にはきっと物足りなさとか喪失感みたいなのが残るという確信はあります。
 学生のうちは勉強するのが仕事、とよく言われますが、社会人になったら「仕事が勉強」になります。数学や国語の勉強ではなく、人生の糧を得るための勉強です。テストで良い成績をとるためではなく、自分の価値を高めるための勉強です。自分の人生を豊かにするために、お金では買えないものを学ぶために、手っ取り早く勉強できる手段だと僕は思うようになりました。「勉強もできてお金も貰える!」と前向きに考えるようにしたので、気持ちも楽になったと思います。根っからの単純な人間なので、思い込むと案外簡単に気持ちが楽になってしまうのです。
 学生の頃の僕は、まさか自分が日本語混じりの片言の英語を使って外国人と仕事をするだなんて思ってもいませんでした。今も信じられません。英語の勉強が嫌いだった僕にとって一番したくない仕事でした。電話をとったら外国人だった時は「うっ!?」と一瞬どもります。情けなくも英語が得意な後輩に教えを請うたり、英会話教室に顔を出したりしてして日々をなんとかやり過ごしています。
それでも、それが楽しいのです。やり甲斐があるのです。自分の仕事が世の中を少しだけ動かしている実感があります。人の役に立てているという確信があります。日々が充実しています。「社会の歯車になんかなりたくない!特別な人生を歩みたい!」と常日頃から夢抱いていた僕ですが、歯車も案外悪くないなと思うようになりました。それでもただの歯車に甘んじるのは嫌なので、面白いと言ってもらえる小説を書くのはやめないのですが。
残業は面倒臭いし、なるべくならさっさと帰りたいですが、サボって帰る気にはなれません。良い仕事をしたいという生意気なプライドみたいなものを持つようになりました。まだまだ薄っぺらくて実力も伴っていないのですがwww
 帰りに先輩や同期や後輩と一緒にラーメン屋に行ってゲラゲラ笑って互いの苦労を労って「また明日」と別れるのがなんだか凄く楽しいです。この「生きていて楽しい」という気持ちを僕の小説のキャラクターたちにも持たせられるようにしたいです。サユが、テイレシアスが、フリッツが、憑依バーサーカーが、雁夜おじさんが、桜ちゃんが、トゥが、カークが、楓が、天音が、薫子が、綾狩が、槍仁が、ヒャーリスが、リヒャルドが、ゴリラが、みんな笑顔でハッピーエンドを迎えられるようにしたいです。


まず何より、書かなきゃ何も始まらないですけどねー……。






 一先ずさて置き、小説更新の報告をば。ハーメルンさんとPixivさんにて『進撃の巨兵』の続編を更新しますた。
「今度は我々が進撃する番です」
と言っても前にブログで公開したものにちょこっと手を加えて完成させただけのものなのですが。僕は人類の可能性や危うさを書くのが大好きなので、それを全面に出してます。人間って素晴らしい!
 パシフィック・リムの初回限定盤DVD&ブルーレイをAmazonで予約した興奮と共に書いたので、よかったら読んでくださいませませ。





 そして映画の感想をば。10月は特に観たい映画の予定はないのですが、『許されざる者』が気になったので見に行きました。



!!jp-pub-photosub18-yuru_large.jpg





 北海道ってこんなに雄大だったんだなあ、という美しくて奥行きがあって自然の大きさと時間の積み重ねを感じさせる背景に圧巻です。本当に日本なの?ってくらい、広くて、空気が澄んでいて、厳しい自然が広がっておりました。「かつて日本にはこんな時代があったのか」と思わせられる説得力のある描写と俳優たちの重厚な演技は、まるで本当にそのキャラクターが歴史上の人物であるかのようなリアリティを見るものに与えます。
 時代遅れとなった侍が滅んでいく明治時代で、幕府軍の生き残りであり伝説の猛者である主人公十兵衛(渡辺謙)が、必死に過去と決別しようとするも、結局己の悲しい過去に追いつかれてしまう……という悲しい物語でした。役所広司が主演した『13人の刺客』みたいな後味を覚えました。面白いのですが、見終わった後に「ああ……」と重い溜息を吐く映画でございました。悪人を皆殺しにしてハッピーエンド!みたいなハリウッド的なラストを迎えないのが日本映画の特徴ですね。先日、ゲオで借りてきたメル・ギブソン主演の『キック・オーバー』の方が後味すっきりで僕に合ってました。メル・ギブソンはやっぱカッコイイね。ワイルドな顔つきが役によく似合います。
 脱線しましたが、結論としては『許されざる者』はDVDで借りて見るので十分かな、って感じです。


さーて。仕事を楽しくちゃっちゃと片付けて、ヒャーリス書いて、せっかくバーサーカーを更新しよう
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 二次創作
もくじ  3kaku_s_L.png 性転換
もくじ  3kaku_s_L.png 白銀の討ち手
もくじ  3kaku_s_L.png 小劇場
もくじ  3kaku_s_L.png Her name is Charis! !
もくじ  3kaku_s_L.png TS
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
  • 【ちょっとした試作品。続きを書くかは未定】へ
  • 【ヒャーリス試作『改』】へ

~ Comment ~

仕事 

仕事ですか深いですね。やりがいがある仕事につくと、おっしゃる言葉に深みが増しているように感じます。
私は自営業です。客商売である理美容師です。実家が理美容師をやってたので長男としてあとを継がなくてはなりませんでした。しかしあとを継ぐなら中途半端は嫌なので18で家をでて住み込みで専門学校を卒業。その後28まで店で働き。仕事の給料とカットコンクールの賞金を貯め、小さい店をだし。今、両親をこちらに呼ぶか、それとも家に帰り、この店を従業員に任せるか思案中です。
うん、結構順調にみえますが、色々ありました。この年になって一番困るのがパソコンが全く解らないこと(ノ_・。)
Excelとかわからん(ρ_-)o
ヤッパリ、修行だけじゃなく。一般常識も必要だな~とこの年になって気がつきました(笑)
>ハーメルン
仕事が暇な時に見させて頂きますm(_ _)m
楽しみです。

>許されざる者
まあ、元々のハリウッド映画からして暗いですからね。それに日本映画が加わったら暗くなるのは仕方ないかも。
私は渡辺謙と佐藤浩市のファンなので楽しんで見させて頂きました。
アイヌの方々や娼婦が如何に迫害されていたか。そんなところも見所なんですが、その見所が更に映画を暗くしてますが(苦笑)
……まあ、ガッチャマンよりはマシだよね(´・ω・`)

NoTitle 

バイト程度の仕事しかしてませんが、色々覚えられることがあるのは、思考を止めずに考える人であるということですなあ。
ニーチェ曰く、書くことは、人生の一部を残すことらしいので、経験と考えが人生を素晴らしくしてくれると。

今日も艦これをカチカチしたりクッキーをクリックする作業で忙しいですが、この中にも人生含まれてるんでしょうかねえ。

クッキーをクリックするだけの 

ゴリラ「このクソガキャアアアあああああ!!」
クソガキ?「ふひっはははふひゃははははは!」
  • #1417 艦これ始めました 
  • URL 
  • 2013.10/10 21:50 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle 

>名無しさん
客商売はやり甲斐がありますよね。自分に付いてくれたお客さんが出来たら嬉しさも一潮です。しかし、カットコンクールで優勝とは、名無しさんは実は名の知れた有名理美容師さん!?(゚д゚)スゲエ!
エクセルは僕もあんまりよくわかりません。サラリーマンになるとパソコンのスキル習得が必須になってる現代社会を恨みますよ……。Excelは奥が深すぎて何が出来て何が出来ないのかもさっぱりです。
リメイク元となったクリント・イーストウッドの『許されざる者』を見てみたいです。ストーリーは大体同じと聞いたのですが、はてさていったいどんなものなのか。どんなものだったとしても、ガッチャマンより劣る映画などありえないでしょう。マズイゲテモノを食べるとどんなものも美味しく感じられるものです……(`;ω;´)


>enkidさん
>書くことは、人生の一部を残すこと
さすがニーチェさんやでぇ……。いいこと言うなあ。僕も同じようなことを考えてます。何かを世に残したい、自分の名を刻みたい、という願望があります。僕が小説をシコシコと書くのはきっとその現れなんでしょうね。
そして、可愛くて凛々しい艦娘たちと戯れることが充実している人生でないはずがないのです。誰か「艦娘に憑依した」みたいなSS書いてくれないかなあ。
クッキーおばさんと戯れるのは……うん……別にいいんじゃないかな(白目


クッキーをクリックするだけの
ゴリラ「このクソガキャアアアあああああ!!」
クソガキ?「ふひっはははふひゃははははは!」
• #1417 艦これ始めました


>艦これ始めましたさん
ここにも提督が!こんなとこに来てないで鎮守府に行きなさい!さもないと艦娘の中にヒャーリスという知らない女の子が紛れ込んでポーキサイトをバカ食いされることになりますよ!!

 

仕事か………。
難しいな………理想は有っても現実は重いからなぁ綺羅びやかな表側だけでなく暗く辛く厳しい裏側もしっかり味わわないといけないと言うのが何とも耐えがたきを耐え忍びがたきを忍びみたいな感じですね。

艦これは……長門さんと赤城が鋼鉄とボーキを平らげるからいつも家計は火の車、貧乏海軍は辛いです。
後、サーモじゃないですが仕事柄、暗視装置とか使うのですが微光とか赤外線やと霧とか雨の中はレンズが曇ったり根本的に見えなかったりで要らない子化しますぞ。

NoTitle 

ボキはむしろ余ってるのですよ今は。
そして燃料が足りない。ヒャーリスがいたら第一艦隊の旗艦は確定。
敵艦に転生したSSなら見かけました。ヒロインは敵艦の女型のと、艦娘との禁断の恋みたいな。
  • #1420 艦これ始めました 
  • URL 
  • 2013.10/13 20:24 
  •  ▲EntryTop 

NoTitle 

おひさですー。油(燃料)はひたすらタンカー輸送を回すのだ()
それだけじゃ他の資材が足りんので他のもバランスよくやるのですよ(おかん

仕事かー……最近、一気に人生の目標がぶち折れちまって落ち込みながら艦これやってるというバカがここに
いやー、何を仕事にしたいのかが分からなくなってしまいましたはっはっはー
同じ環境にいる他のみんなより少し早く、ほぼ全国の大学三年のみんなと同じく再来月から就活が始まることになったのですが、さて何を仕事にすればいいのかとはっはっはー。もう乾いた笑いしか出ませんなー
まーそんなことになったのも自分のせいなんですがねー。もーほんと先生に迷惑かけっぱなしですしおすし。ふざけてる場合じゃねー
何をすればいいんだろうか。何が出来るんだろうか。そんな事を考えるたびに、胃がきりきりとしぼられます。ちゃんとやってりゃーこんなことにならなかったのは確実だしぃ

まぁ思うのは「やりてぇことが出来るのは全人類でもほんの少ししかいねーわな」ってことっすね
俺もお話書くことでオマンマ食えたらいいなーって思った時期もありましたが、自分の文章力を客観的に見たら、んなもん戯言以外の何物でもねーよ、と
まぁ親の方針でニートは絶対出来ねーし、来年から弟が同じがっこーにくるんで、弟には俺を反面教師にしていただいて、せめて就活とかそーいったところは頑張らなマジで生きてる価値ないっすからね。上手くいきそーにねーっすけど
はぁ……まぁウダウダ言いましたが、今同じ環境にいるみんなの応援とか、邪魔だろうけど手伝いとかぐらいなら、まだやらせてもらえるっぽい。それくらいやんないと、ある意味“楽をする”ことになる俺は、一生みんなに顔向けできなくなるわ


こーいうのは自分のブログとかでやるべきなんすけど、まぁ主様がお仕事の話をしたので、ついぶっちゃけてしまいました。つかブログとか持ってないし。場違いっすね
まーこういうのはやさしい言葉をかけてもらいたいかまってちゃんなんで、おきになさらず―。邪魔なら消してください

まぁ俺が言っても説得力ないですけど、みなさん、後々後悔するんでやれることはすぐやっときましょうぜ。そのほーがやらないよりもずーっと楽っす
わけありでソースは俺なんですけど(ネタ

そだ、艦これとコラボしてるアルペジオのアニメが今日ありましたが――ぶっちゃけ、地雷臭しかしねーっす(爆)

NoTitle 

>ルクレールさん
暗視装置を使うお仕事ってなんぞ!?(゚д゚;)
ライフルタイプのエアガンとかゴッツいガスガンとかスコープついたスナイパーライフルとか、モデルガンでいいから欲しいですなあ。サバゲーやってみたい。
日本人の仕事に対する感覚はもっと柔らかくていいと思うのです。「仕事とは人生を豊かにするための手段」に過ぎないのであって、「人生は仕事をするために消費する材料」ではないのです。そんなこと言ってたら赤城と長門とボーキのようになってしまいます。ちょっとは我慢することも必要でしょうが、適正というものもありますし、理想を求めることが間違っているわけでもないと思うのです。むしろ仕事にこそ理想を持ち込んでそれに近づけて行かないと、現実に合わせていけば人間らしさは失われていく一方です。人生を豊かにするためにするんですから、当然楽しまないといけません。一緒に人生を楽しみませう!!


>艦これ始めましたさん
おお、ヒャーリスが旗艦とは光栄でございまするm(_ _)m
提督はリヒャルド……。うーむ、なかなか似合うかも。でもボーキサイトが足りなくなるのは必須。今日も那珂ちゃんを解体する仕事が始まるぉ。
敵艦に転生かあ。TS好きの陸軍としては断然艦娘への転生SSを希望するものである。そんな僕のお祖父様は元海軍のゼロ戦パイロット。生前よく陸軍をディスっていたものです。艦これを知らずに死んだことは幸なのか不幸なのか!


>イザナギさん
お久しぶりです!&お疲れ様です!
僕も小説家を目指して真剣に親と話し合ったものです。懐かしや。猛反対にあってションボリとしながら諦めたものですが、こうやって仕事で色々な経験を積まないと書けなかったであろう小説がたくさんあるのでそんなに後悔しておりません。でも小説を書く時間がないのは唯一の不満です。むう。
こんなブログでよければ、どうぞ書きたいことを書いて下さって構いません。若い頃から人生の目標を抱くというのは素晴らしいことです。日々を惰性で生きるのではなく、夢に向かって真っ直ぐに生きる若者ほど輝いている者はありません。どんな宝石よりも価値があります。僕自身、大した夢というものを持っていないままに惰性で生きてきて、最近ようやく人生を良いものにしようと目標を持って頑張ることが楽しいことなんだと思えるようになりました。それを若い頃から意識できる人間は滅多にいません。気高いことです。
ですが、それと同じくらい、夢破れた若者ほど可能性に満ちている者はありません。今まで一つの夢に向かって懸命に努力してきた経験値がまるまるそのまま残っている上に、まだ「若い」という未来が約束されてます。「お前は若いんだから」という台詞を耳にたこができるほど聞いているでしょう。聞き飽きたかもしれません。でもそれは本当のことです。まだどんな形にも姿を変えられる、エネルギーに満ちた熱いマグマのような若者ほど、凝り固まってもう何者にもなれない大人にとって眩しいものはありません。僕から見ても、あなたは眩しく、熱く、ドロドロに煮え滾っていて、何者にもなれる可能性に満ち溢れています。誰もが羨む可能性の未来をその手に持っています。貴重なものです。欲しくても手に入りません。
若い内に味わった挫折ほど悔しくて記憶に刻みつけられるものはありません。後悔しないものはありません。それと同時に、挫折から回復する時間をたっぷり取っても文句は言われません。それが若者の特権です。これから何度となく味わうことになる後悔を前もって経験できたことで、あなたは社会人になって周囲の人間が挫折によって膝を屈するのを尻目にしながらどんどん前に歩いていけるでしょう。挫折を味わうことのなかった人間がなかなか回復できない中、あなただけはすぐに回復して一歩分も二歩分もリードできるでしょう。
夢は一つではありません。人生は一つですが、夢は一つしか持てないという理屈はありません。その経験は、あなたにとって悔しい人生の汚点になるでしょう。そして、糧となるでしょう。将来は笑いの種に出来る日が必ず訪れます。僕が言っていることはもしかしたらすでに他の誰かから聞いたことと同じかもしれません。夢を持たずに生きてきた人間が言うことにはあまり説得力はないかもしれません。でも、あなたは価値ある人間です。可能性に満ちた人間です。それだけは自信を持って良いのです。あなたが素晴らしい花を咲かせられることを誰よりも信じていますよ。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ちょっとした試作品。続きを書くかは未定】へ
  • 【ヒャーリス試作『改』】へ