未分類

映画の感想とか

 ←Her name is Charis!! 第二部 外伝 その3 →ヒャーリス外伝最終回 試作 【改】
ようやくヒャーリスを更新したぞなもし。ここ数週間はいろいろ忙しかったなあ。もっと余裕をもって仕事に挑めるようになりたい。この歳になって勉強はキツいぜ。風邪も引いてるけどユンケル飲んだしなんとかなるでしょう。困ったときのユンケル。イチローさん頼んだぜ。明日は朝6時出社なんだから!
最近はニコニコ動画で「蒼き鋼のアルペジオ」を見てます。あれ面白いよね。全て3Dで制作されているということでどうなのかなと思ってたけど、よく動くし、戦術も凝ってるし、面白いよ。設定も好きです。この設定から妄想したのは、敵のザコ艦のメンタルモデルを鹵獲し、人類側が作った戦艦のメンタルモデルに改造してしまう、というお話。ザコで知能や感情もそれほどなかったメンタルモデルが段々と自我と感情を持って主人公である男に惚れていく描写を妄想して「こういう物語もいつか書いてみたいな」とか思ったり。戦艦クラスを相手にして「無理無理、絶対勝てません! 敵は戦艦ですよ!?」と弱音を吐くのを主人公に「俺たちなら出来るさ」叱咤されて、主人公の見事な戦術を使って倒した後に「私でも戦艦を倒せるんだ…」と感慨深げに呟いて自信をつけていくのって王道だと思う。なんかそんな感じ。


んで、映画の感想を。もうだいぶ前に見た映画だけど。


『グランド・イリュージョン』

main_large_20131110221216ea7.jpg

これは当たりだった。これがマジック、これが魔術! 見ててスッキリするし、テンションが上がる作品でした。どこからどこまでがマジックで、誰が本当のマジシャンで、誰から誰までが観客なのか!? 最後の最後で明かされる謎には誰もがアッと驚かされます。ラスベガスの盛大なマジックショーで、大勢の観客の前で行われる、本物の銀行強盗!! しかも襲うのはフランスの銀行!! 種も仕掛けもあるのに、それが凄すぎて想像もつかない!! これは胸を張って人にお勧めできる作品でした。



『ゴースト・エージェント』

ripd_main_large.jpg

「凄腕刑事が突然相棒に殺された!そして無念の魂が行き着いた先は―――なんと天国の警察だった!?
西部劇の時代から活躍するガンマンの相棒に抜擢された主人公は、なぜ相棒が裏切ったのか、現世に残してきた恋人はどうなっているのかを知るために、天国の警察官―――ゴーストエージェントになることを選んだ!」……というお話です。設定はありきたりだけど、だからこそハズレではない。際立って面白いわけではなかったけど、見て損はしない。そんな感じでした。いい意味でハリウッド映画的な、お馬鹿でド派手な馬鹿騒ぎ映画でございました。


最後は『コードギアス 亡国のアキト』。

cg_akito_02_key_re_web_large.jpg


これは前作を見ていたので、今回も見ないといけないかなと思って見に行きました。それほど目新しい展開はないですが、なんと原作のあの男が別人の人格を携えて現れたのにはちょっとビックリでした。レイラちゃんのスタイルが良すぎてたわわなおっぱいに釘付けですよ。ナイトメアの戦闘は相変わらず動きまくっててカッコイイ。ガンダムF91みたいなフェイスオープンもするし、「死ね」とか「殺す」といった鋭い台詞が飛び交う、良い意味の中二病的な、ワクワクするかっこ良さと非現実感がありました。でも限定版パンフレット高かったなあ。





今はそんな感じです。さて早く風邪を治さないと
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 二次創作
もくじ  3kaku_s_L.png 性転換
もくじ  3kaku_s_L.png 白銀の討ち手
もくじ  3kaku_s_L.png 小劇場
もくじ  3kaku_s_L.png Her name is Charis! !
もくじ  3kaku_s_L.png TS
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
  • 【Her name is Charis!! 第二部 外伝 その3】へ
  • 【ヒャーリス外伝最終回 試作 【改】】へ

~ Comment ~

 

最近風邪流行ってますねぇ。
私はいまだにひいてないですが、お大事に!

あと、空の境界 未来福音も面白いですよ!!もう終わるっぽいけど!
まぁ先にでている章をみたほうがいいと思います。
映像がすごく綺麗ですよw


今週仕事を乗り越えたらグランド・イリュージョンと清須会議みにいくんだ…!
あっ、サカサマのパテマも!
でわでわ

NoTitle 

お久し振りですーイザナギです
アルペジオは最近自分も見てますが、原作から入った身からすると、原作とは別物だと割りきると楽しい作品だなと思っとります
そして残念ながら主様の妄想は難しいかなー…
理由としては『メンタルモデルは重巡以上のクラスの船にしか存在できない』という設定です。メンタルモデルを形成するには少なからずの演算能力を必要とし、船体を維持しつつもメンタルモデルまで形成するには、軽巡以下の船のユニオンコアの演算能力では全く足りないのです
そして人類側の兵器では、駆逐艦クラスにさえまったく歯が立ちません。そんな状況でどうやって鹵獲するのか、という問題もあります
イ401は人類側に協力的ではあるものの、一度牙を向けられてしまうと対処しようがないという懸念は劇中でも触れられていて、イニシアチブはほとんどの場合で霧の方が握っていることに。『メンタルモデルだけを』成形するのにどれだけの演算能力を必要とするかは分かりませんし成形するだけなら駆逐艦クラスでも不可能ではないかもしれませんが、それ以上の事をさせるとなったら軽巡以下のクラスのコアでは無理かと思われます

あ、思い付いた。人類側がダメなら霧の側でやればいいじゃない
例えば、ボートで海に出ていたら転覆したりして流されて気を失って、気がついたら駆逐艦の上にいた、ってゆーのはどーっすかね
上位の存在(例えば戦艦クラス)から演算能力を分け与えてもらえれば、軽巡以下のクラスでもメンタルモデルを持つことはできます。あとは敵として『霧ではあるものの正体不明な戦艦クラス』の船を出してそれを討伐させる、とかすれば、大筋は出来上がるかと
あとはもう妄想の赴くままにどうぞw
ヒロインの選定に困りましたらいつでも協力いたしますぞww

NoTitle 

>久遠さん
昨日病院に行ってかぜ薬もらってきますた。やっぱり市販薬より効きますね。季節の変わり目は体調を崩しやすいといいますので、久遠さんも気をつけてくだせえ。清須会議、僕も観たいんですよねえ。三谷幸喜監督の作品って馬鹿らしい中にもマジメで心を打つ要素がちゃんとあって、今までの日本映画にはない面白さを持ってますよね。だから好きなんです。早く風邪を治して観に行こうっと!

>イザナギさん
どもども!お久しぶりです!
僕は原作小説をまったく知らないのですが、ニコニコ動画を見てても「原作とはぜんぜん違う」というコメントがたくさんあったので、やはりそうなのですね。
ユニオンコア、演算処理能力……。なるほどなるほど……。たしかに、僕の妄想は原作の設定には添わないですね。うーむ、残念。しかし、霧の側になるというアイディアはなかなか面白そうです。さすがイザナギさん!僕に出来ない妄想を平然とやってのけるッ!そこに痺れる憧れるぅ!

「イ401に敗北した霧の潜水艦が最後の力を振り絞って自己修復しようと試みていたら、何の間違いか人類軍の新兵が取り込まれてしまい、気付いたら潜水艦のメンタルモデルになっていた。なんかよくわかんないけどとりあえず原作主人公たちの後を追いかけてみる」

みたいなSSを思いつきました。原作小説知ってたら面白いものが書けそうな気がする。だ、誰か書いてくれー!!

NoTitle 

ぬ、主様! 原作は小説ではなく漫画ですぞ!(汗
そしてなにそれ面白そう。誰か書かないかな(チラッ
残念ながら自分はすでにアルペジオの二次創作を書くことにしているので、原作のネタ被りとなって……アニメ版なら別モンか? ……はっ、オレハナニモカンガエテマセンヨ?
いやいや、『潜水艦が命からがら復旧した姿』なんて……甲標的ならいけるか? ……はっ、ナンデモナイナンデモナイ
じ、自分には更新すべき書くべき小説が一杯なんで! てか甲標的でどうやって戦艦を倒せというんだよ!無理ゲー間違いなしだから! ……『霧の味方が交戦してるところに助太刀』なら……
うがー! 無駄にアイデアだけは湧いてきやがる! それなら筆を進めろよと小一時間(ry
む、無理だから、もう六つ小説を書こうとしてるから、さんざんフラグっぽく言ったけどガチで無理だから!(脱兎のごとく

NoTitle 

>イザナギさん
アルペジオの漫画……6巻まで買い揃えちゃったよ……。面白いですねこの漫画。「沈黙の艦隊」とか「終戦のローレライ」とか潜水艦が主役の作品が大好きなので、この漫画を知らなかったことが悔しいです。潜水艦いいよ潜水艦。伊401とかわかってるわぁ。
しかし、たしかにアニメは原作とはかなり違っていますね。僕はアニメ版のイオナの方が可愛いなと想いました。タカオは漫画版の方が可愛いですね。まさに「恋する乙女」って感じです。でもヒュウガもいいキャラしてる。みんな違ってみんないい。
最近、沸々とアルペジオ二次創作の短編の構想が浮かんでは消えていきます。4~5時間くらいまとまった時間があれば短いのを書ける気がする……。問題は最近休日がないということです。お給料は増えていくから損はしていないんだけど、趣味が削られていくのは痛い。もっと時間を有効活用しなくては。

「アルペジオ」面白いですね 

「蒼き鋼のアルペジオ」面白いですね。

人間らしくなったメンタルモデル達が揃いも揃って「ダメ子ちゃん」なのが可愛らしいやら笑ってしまうやら。

ボスキャラぽい金剛も撃沈されたら群像に

「艦長(婿)になれ」

とかすごい上から目線で言い出しそう。

霧の艦隊の目的ですが、情報生命体とか無機知性体とかが進化に行き詰まって有機生命体の「揺らぎ」を取り込もうとしている(実質「婿取り」にきている)のかも。

海もの(戦艦、潜水艦もの)というカテゴリーは「軍隊」「戦争」「大人数で動かす=山ほど死人が出る」と言う前提があるため扱いにくいモチーフ、即ち

「松本零士的男の世界」

だったのですが「ナデシコのルリ」や「ガンダム00外伝のハナヨ」などの艦内のネットワークを掌握しているマスコットキャラが登場したことで「艦長以下少人数でオペレート可能」な敷居の低い(死人を出さなくてよい)ものになり書きやすくなりましたが、それでも下調べが他のモチーフよりも手間なのは確かです。

主さんの作品がどのようなものになるか楽しみですがご無理はなされないようにしてください。


蘊蓄を一つ。

「海洋戦闘ダイバード」

10年以上前に富士見ファンタジア文庫から出版されたSF小説ですが、もともと「サンライズ」がTVアニメの企画として準備していたもので「ハイドロシューター」と言う可変潜水艇(ロボットに変形する、「ダイバード」は主人公機名)による戦闘がメインの作品で挿絵は美樹本晴彦氏でメカデザインは出渕裕氏でした。

二巻のみの出版と人気のあった作品ではありませんが「水没した世界」「巨大な人工島」「新世界の秩序を掲げるカリスマ」と海洋冒険モノの魅力的なモチーフが散りばめられていました。

古書店で見かけることがありましたらお手にとって損はないかと。

NoTitle 

>隆之介さん
返レスが遅くなって申し訳ないです。お正月には連休が貰えるといいなあ。コタツで日がな一日小説を書けたらもう最高でしょうね。
アルペジオは、燃えな戦艦も大好きで、萌えな女の子も大好きな僕には最高のアニメです。潜水艦が戦術を駆使して戦艦を倒すとか、たまらんですね。もともと宇宙戦艦ヤマトのような「劣勢の状況で勝ち進んでいく」というストーリーも好きなので、アルペジオは本当に続きが気になります。霧とはいったい何なのか。アドミラリティ・コードと何なのか。謎が明かされていくのが楽しみですね。
海洋戦闘ダイバード、たしかに記憶に刻みつけました。僕の心の琴線に見事に響くような作品ではないですか! 毎度ながら、隆之介さんのお勧め作品は多種多様かつベストマッチで驚きです。ありがたや!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Her name is Charis!! 第二部 外伝 その3】へ
  • 【ヒャーリス外伝最終回 試作 【改】】へ