Her name is Charis! !

【お待たせしました】Her name is Charis!! 外伝 後編その4【これにて外伝ラスト】

 ←Her name is Charis!! 試作【改】 →エルフになって~の試作
 ああ……本当に、何年ぶりの更新になるのだろうか……。もはや覚えてくれている方はいないでしょうし、読んでくれている方もいないでしょう。自業自得です。それでも、この拙作をキッカケにして本家ブリジットの物語にたどり着いてくれる人々がいると願って、細々と更新するのです。H&Kさん、せっかく三次創作の許可を頂いておりながら放置してしまったすみません。毎日、僕はブリジットを巡る生き生きとした妄想をして、支えてもらってます。どこかで貴方が見守っていて下さると思って、頑張ります。

 そして、短いですが、これでブランクさんの回想編である外伝『MEMORY OF GORILLA』は終了です。次からようやく、リヒャルドさんがアルフォドさん、そしてブリジットと正面から出会ったりする場面に入ったりします。どうか、うっすらとでよいので、ご期待してください。それでは!






MEMORY OF GORILLA


ドイツ郊外某所
役所登録名称  『幼年者特別医療施設 新しき人生の館』
非公開正式名称 『ドイツ連邦軍所有 機密兵器実験施設 義体調整用病棟』


 少女が眠っていた。年の瀬はまだ十代半ばそこら。真上から降り注ぐ無機質な蛍光灯に照らされた横顔は、間然とするところのない作り物めいた美しさがあった。黒に近い濃藍色の長髪が濡れたように艷やかに光を反射している。往来の中でもひと目で見分けがつくような、品のある美少女だった。


「……久しぶりだな、ブランク・ヘンデル少尉」


 分厚い窓ガラス越しにその少女を観察しながら、リヒャルドが背中で語りかける。足音だけで、背後に近づく人物が俺であることを察知したのだ。負傷から立ち直ったばかりとは思えない引き締まった佇まいは、現役時に負けず劣らず研ぎ澄まされて、そして余裕が無いように見えた。3年前よりずっと細くなったその背中に、俺はなんと返せばいいかわからずに押し黙る。謝るべきだとわかっている。ひれ伏して許しを請うべきだとわかっている。だが、リヒャルドの冷ややかな背中がそれを望んでいないこともわかってしまっている。そんな取り付く島もない様子の男に対して、果たしてどう接すればいいのかわからなかった。自身が楽になるために一人よがりの謝罪をして、泣きわめいて、それでリヒャルドが救われるとは思えなかった。

「……ウェーバー隊長、俺は……」
「よしてくれよ。君は昇進して少尉になった。階級は同じになっただろう。おめでとう。元々、年齢も同じなんだ。平口でいい。それに、僕はもう君の隊長じゃない」

 舌先に氷を載せてるような、こちらを突き放す響きがあった。「そして、君は僕の副隊長じゃない」。敢えて言葉にされなかった台詞がはっきりと聞こえた気がした。暗に「お前は信頼に値しない」と言われている気がして、俺はその場から動くことも去ることも出来ずに俯く。幾度も死地を乗り越えて築いた絆をこうも簡単に割り切られてしまっては、掛ける言葉など見つかるはずがない。
 黙りこくって何も反応しなくなった俺に、リヒャルドが振り向く。似合わないサングラスで目元を隠し、あの時失ったはずの右腕で堂に入った敬礼の所作を執る。

「“眠り姫の間”へようこそ、ブランク・ヘンデル少尉。自分が、この義体の担当官となるリヒャルド・ウェーバー少尉だ」

 無感情な台詞は、俺を気遣ってくれているからなのか、それとも、マンホール蓋のような厚いサングラスのように胸底の心情を押し隠しているのか。どちらにしろ、本音を明かして欲しい俺にとっては“拒絶”というキツい洗礼でしかなく、俺は奥歯を噛んで呻いた。

「隊長、俺を責めたいなら責めてくれ。殺すなら殺してくれ。死ねと言われれば死ぬ。俺の命なんかを捧げても返せる借りじゃないことはよくわかってるんだ。だけど、俺は他の誰よりもアンタの怒りにこそ晒されるべきなんだ。それだけのことを俺はしでかしちまったんだ」
「互いの過去はここではもう関係ない。あの作戦も、僕たちの部隊も、公式記録として“無かったこと”になったんだ。全て忘れて、元のように接してくれればいい」
「そんなこと、出来るわけ無いだろ……!」
「出来ない、じゃない。やるんだ。やるしかないんだよ。こんなところで立ち往生している暇など僕たちには無いんだよ、ブランク・ヘンデル」

 力んだ右腕がギュイと小さな駆動音を立てる。それは義手だった。そこらで手に入る義手じゃない。高度なテクノロジー―――イタリアの秘密組織、『社会福祉公社』から盗んできたという義体製造技術を利用して造られた、精巧で強力な義腕だ。肌色を模しているが人肌とは明らかに違う質感の腕が横薙ぎに振られ、“眠り姫の間”と呼んだ窓ガラスを指さす。

「これが“眠り姫”だ。ジャコモ・ダンテに勝つための僕たちの“武器”だ。その価値と罪を、しかと目に焼き付けてくれ」

 ジャコモに勝つための武器―――。
 言われるがままに俺は歩を進める。リヒャルドの真横に立ち、窓ガラスの中に視線を注ぐ。血の気が引いた自分の顔が映るガラスを透かし、“武器”と呼ばれた少女に魅入る。神が魂を吹き込む前の人間のような、神殿の大理石の彫り物のような、非人間的な美しさを纏っている。女らしく膨らんだ胸が生々しく上下していなければ、精巧な蝋人形と見間違えそうだ。

「どうだ、感想は?」
「……きっと、美人になりますよ」
「いい皮肉だな」

 くっと喉を鳴らす。こんな軽薄な嗤い方をする男ではなかった。以前は、頑なまでに物事にまっすぐに向き合おうとする気持ちのいい男だった。義腕から社会福祉公社の非人間的な何かが流れ込んでしまったに違いない。だけど、こうも荒ませてしまった原因は、俺だ。

「……こんなに可愛く作る必要、あるんですか。こんな容姿じゃあ、きっと恋をするし、恋をされる。辛くなるだけだ」
「僕もそう言ったさ。この容姿はオリジナルとまったく同じだ。この義体がオリジナルの技術をそのまま模倣しただけの我が国初の義体である以上、勝手がわからないままに下手に手を加えるわけにはいかないのだそうだ。シューマン大佐からも聞いたろう?」

 シューマン大佐こそ、この少女を筆頭にした冷徹に過ぎる義体計画を推進する旗振り役だ。大佐の名を口にする一瞬、薄情者の仮面に“納得出来ない”という憮然とした感情の色が混じる。リヒャルドがまだ以前の暖かみを失わず、シューマン大佐と同じ暗闇に落ちてはいないことを悟り、少しだけ安堵する。

「ええ、聞きましたよ。じゃあ、おおもとのイタ公が狂ってやがるんだ。女好きにも程がある。何でも美人にすればいいってもんじゃない。きっとオリジナルの義体も相当に苦労して、苦しんでるはずだ。その担当官になった奴も……」

 オリジナル―――ブリジット・フォン・グーテンベルト。イタリアで秘密裏に製造された、少女の姿をした暗殺兵器。
 そもそも、この“眠り姫”はドイツ連邦共和国が一から生み出したものではない。ジャコモ・ダンテ討伐作戦の失敗に起因する形で、通常戦力の指揮権はおろかKSK(特殊部隊)の作戦行動にも大きい制約を課せられた祖国ドイツは、自らの意志でテロリストを早急に排除できる手段を得る必要に迫られた。そこで、イタリアの秘密政府組織が実戦投入している先進テクノロジーをあの手この手で密かに盗み出し、持ち前の工業力で再現することにした。それが、少女を暗殺兵器とする『義体』だった。
 生体部品とマシンが融合した義体は、一人の兵士ではなく、言わばドローンのような“モノ”として定義される。『条件付け』と呼ばれる洗脳で自由意志を奪われた義体はもはや人間扱いされない。ターミネーターモドキで構成された秘密部隊を極秘裏に保有できれば、NATOに通常戦力の指揮権を握られていても強力な戦力をドイツの意志で自由に動かすことが出来る。NATOは軍隊の行動に枷を嵌めることが出来ても“備品”に注文はつけられない。
 その目論見の元、BND(ドイツ連邦情報局)によって今までに『ブリジットタイプ』、そして『ヘンリエッタタイプ』の情報が社会福祉公社から断片的に盗み出され、偶然にもより多くの情報を入手出来たブリジットタイプの試作品―――眼前に横たわる『タイプB試作2号機』が先行して完成となった。この『タイプB』の運用で数年掛けて経験値を獲得し、タイプBに遅れながらも同時進行で開発が進んでいた『タイプH試作1号機』のより精度の高い完成を経て、行く行くは溜め込んだノウハウにドイツの科学技術を結合させたドイツ独自の義体兵士量産へと移り変わっていく予定だという。
 この計画を始めたシューマン大佐は、きっと先祖代々生まれも育ちも南部生粋のドイツ人に違いない。頭がガチガチに凝り固まりすぎて、ついに人間性というものを見失ってしまったに違いない。この計画に関わる人間たちの苦悩を―――担当官になる男が抱えることになるであろう、人が背負うには重すぎる“罪”のことを見失っちまっているんだ。
 「アンタはその罪に耐えられるのか」と言外に問うた俺に、リヒャルドは似合わないサングラスを整えなおして目元に浮かびかけた迷いの感情を押し隠す。

「エミール曹長、ユリウス曹長、ユリウス一等軍曹、ヨハン一等軍曹、ハンス二等軍曹……」

 唐突に、軽薄を装っていた口から男たちの名が零れ落ちていく。命を削って喉を震わせるような掠れ声で、かつての部下の名前を刻んでいく。一人ずつ然と区切りながら、万の後悔を魂に刻みつけていく。記憶の名簿を諳んじているのではない。今、瞼の裏から無言で訴えかけてくるかつての戦友たちの顔を見て、彼らに語りかけているのだ。俺にはわかる。なぜなら、俺も“同じ”だからだ。

「テオドール二等軍曹、ルドルフ伍長、カール兵長……」

 俺もまた目を瞑り、リヒャルドの後に続いて一人ひとりの名を魂にナイフで刻む。その度に、部下たちの顔が瞼の裏に浮かんでは悲しげな顔で消えていく。ある者は命を救い救われ、ある者は手塩に掛けて育て、ある者は古強者として鍛えてくれた、大事な戦友たち。年齢も出身もばらばらで、しかし家族よりも深い絆で結ばれていた、最強の兄弟たち―――。

「彼らの無念を晴らすんだ。何としても。どんな手段を使っても」

 有無を言わさぬ強い口調は、俺ではなく、リヒャルド自身に言い聞かせているように思えた。“薄情者で軽薄な男”という仮面を己に強制するために。自身の罪悪感に殺されないために。
 この男がそこまでの覚悟を―――真っ当な人生を諦め、『担当官』という業を背負う覚悟を決めたというのなら、もはや何も言うことはない。リヒャルドが地獄に堕ちるというのなら、俺もまた地獄に堕ちるだけだ。

「―――わかった、“リヒャルド”。この義体の警備主任として、俺も“お前”に付き合うぜ」
「とても心強いよ、ブランク。これからよろしく頼む」

 信頼を裏切った男の助力など、心強いわけがない。上辺だけの世辞は俺の心に響くことはなく、病的に清潔な廊下に冷たく響いてやがて消え入る。後には、“眠り姫”をじっと見つめる男が二人、各々の後悔を胸に抱えてじっと無言で立ち尽くすこととなった。大人たちが背負わねばならない罰を肩代わりさせられた不幸な少女の行く末を案じ、年端の行かない少女に罪を押し付ける自らの非力を悔やんだ。そうせざるを得なくさせた過去の自分を恨んだ。この少女は、俺たちの罪と罰そのものだ。俺たちが抱えきれなくなったものを無理やり小さな身体に詰め込まれてしまったのだ。
 この先永劫、俺が許しを得られることはないだろう。仇を取る力もなく、許しを得る資格も、請う資格もない。俺にはリヒャルドと共に地獄への道を歩むことしか出来ない。せめてリヒャルドは救ってやりたい。しかし、自分から救われることを諦めてしまったこの男を救済することなど俺には到底無理だ。もしも、それが出来る者がこの世にいるとすれば、それは―――。


「……“Charis”」


 出し抜けにポツリと紡がれたその言葉には聞き覚えがなく、俺は俯いて胴に埋めていた首をハッと持ち上げた。名前……おそらく女の名前だ。怪訝に眉をひそめる俺の視線に返すことはせず、リヒャルドはただじっと目の前の少女を見つめていた。サングラスの隙間から覗く蒼い瞳が人間の感情に震えているのを見つけて、ようやく、それが“眠り姫”に与えられることになる名前なのだと理解した。頭から義体をモノ扱いする気なら最初から名前など付けないはずだ。名前をつけるということは、“そういうこと”だ。この男のことだから、きっと夜通し寝ずに考えた名前に違いない。切実な願いを込めて、未来のない少女を想い、“それでも”と懸命に考えたに違いない。リヒャルドもまた、己の救済より、少女の救済を望んでいるのだ。
 もしもこの世にリヒャルドを救える者がいるとしたら、それは―――この義体の少女なのかもしれない。俺たちの罪と罰そのものである少女が、もしも心から幸せそうな笑顔を浮かべてくれたなら。
 きっとその時こそ、リヒャルドにとっての救済が始まるのだろう。
 もっとも、条件付けを受けた感情のない義体には、そんなことは望むべくもない。叶うはずもない薄い期待に見切りをつけ、俺は再び黙して少女の横顔を昏く見つめた。






 そして3ヶ月が経ち、



「ぅうおっしゃああああ!!!やったるでええええええええ!!!待ってろよブリジットぉおおおおおおおお!!!」



 あの勝鬨のような少女の声が施設内に木霊したのだった。
 ニカニカと溢れんばかりの笑顔を浮かべる少女は、見る間に担当官から似合わないサングラスを剥ぎ取り、問答無用で心の澱を溶かしていった。どんな逆境が襲いかかってもあの手この手で難なくくぐり抜け、大人たちの杞憂をあざ笑い、さあ行きますよと希望の光を掲げて突っ走る。心から幸せそうな笑顔を浮かべる少女に、リヒャルドは見る間に影響され、沈みかけていた泥から力づくで引っ張りあげられていった。

 『Heuristik(ヒャリスティクス)』―――試行錯誤を繰り返してやがて答えにたどり着く―――という心理学用語から着想を得た名前。

その名を、『ヒャーリス』という。 Ihr Name ist Charis.






<Her name is Charis!! 第一部一覧>
第一話 前編
第一話 後編
第二話
第三話
第四話
第五話
第六話 前編
第六話 中編
第六話 後編

<ファッキング☆ガンスリ劇場>
シリアス好き?ひゃあ、ブラウザバックだ!【なんぞこれ】
H&Kさんに怒られても文句は言えない【ガンジーですら助走をつけて殴るレベル】

<Her name is Charis!! 第二部一覧>
第一話
第二話 前編
第二話 後編
第三話 前編
第三話 中編その1
第三話 中編その2
第三話 中編その3
第三話・後編その1
外伝 前編
外伝 中編
外伝 後編その1
外伝 後編その2
外伝 後編その3


<名状しがたいオマケ的な何か>

ちょっとしたコネタ
ヒャーリスプロフィール
ブリジットはどこに行ったのかを妄想した 前編
ブリジットはどこに行ったのかを妄想した 後編
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 二次創作
もくじ  3kaku_s_L.png 性転換
もくじ  3kaku_s_L.png 白銀の討ち手
もくじ  3kaku_s_L.png 小劇場
もくじ  3kaku_s_L.png Her name is Charis! !
もくじ  3kaku_s_L.png TS
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
  • 【Her name is Charis!! 試作【改】】へ
  • 【エルフになって~の試作】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle 

> さん
覚えてくださっていたんですか……!ありがとうございます!そしてすみません!そして重ねてありがとうございます!!!(`;ω;´)

 

昨日ブリジットという名の少女を知って、もちろん一気読みしたあとここにたどり着きました。
応援しております。

NoTitle 

>通りすがりさん
おお……!こ、コメントを頂けた!!ありがとうございます!!(`;ω;´)
ブリジット、面白いですよね!一気読みしちゃいますよね!あれは最高のTSF二次小説の一つですよ!同士よ!貴方の応援を励みにして、これからも頑張っていきます!!

NoTitle 

読ませて頂いてますよ~

NoTitle 

昨日からブリジット→Charisと読んできました。
第三話の更新日時を見て絶望しながら外伝読んでましたが最新話がごく最近だったので安堵しました。
がんばってください!

Re: NoTitle 

> 読ませて頂いてますよ~

> さん
読んでもらえてた!ありがとうございます!頑張ります!ビバ、ブリジット!!(`;ω;´)

Re: NoTitle 

> 昨日からブリジット→Charisと読んできました。
> 第三話の更新日時を見て絶望しながら外伝読んでましたが最新話がごく最近だったので安堵しました。
> がんばってください!

> さん
本家ブリジットからどうやってこんな辺鄙なブログの三次創作に……。マニアックですね!さては貴方もブリジットにハマってしまいましたね!わかりますその気持ち!更新速度は相変わらずマチマチで遅いですが、依然として頑張っていきますので、これからもヒャーリスをどうぞよろしくお願いします!!m(_ _)m

 

最近また読み返しています。
やはりヒャーリスとブリジットの対面が待ち遠しいです。戦闘になるのか、はたまた仲良くなるのか。そしてこの対面によって、ブリジットの運命がどのように変わっていくのか…とても気になります(笑)

お忙しいとは思いますが、ヒャーリスの物語を書き進めていただけたら嬉しいです。
更新お待ちしています。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【Her name is Charis!! 試作【改】】へ
  • 【エルフになって~の試作】へ