FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ギャングスター with TS娘(途中) →【オファニムさんありがとう】僕は、君という夢を見る ~ Schlacht von Lindwurm ~【異世界TS憑依ロボットファンタジー小説の試作】(更新 5/26)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 二次創作
もくじ  3kaku_s_L.png 性転換
もくじ  3kaku_s_L.png 白銀の討ち手
もくじ  3kaku_s_L.png 小劇場
もくじ  3kaku_s_L.png Her name is Charis! !
もくじ  3kaku_s_L.png TS
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
  • 【ギャングスター with TS娘(途中)】へ
  • 【【オファニムさんありがとう】僕は、君という夢を見る ~ Schlacht von Lindwurm ~【異世界TS憑依ロボットファンタジー小説の試作】(更新 5/26)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

皆月なななさんのツイートを丸パクリしたTS小説

 ←ギャングスター with TS娘(途中) →【オファニムさんありがとう】僕は、君という夢を見る ~ Schlacht von Lindwurm ~【異世界TS憑依ロボットファンタジー小説の試作】(更新 5/26)
なななさんTSアイデア 



 俺は今、幸せだ。

「ねえ、今日はどこに連れて行ってくれるんですか?」
「そうだな。前にテレビでやってた自然公園、行ってみないか?」
「わあ、いいですね!行ってみたかったんです!今の時期なら、綺麗なチューリップがきっとたくさん咲いてますよ!」

 黒髪の美少女が幼い子どものように笑顔を輝かせる。握った手の平からは女の子の甘い体温が伝わってくる。その無邪気な横顔はたまらなく愛おしい。たとえ、その公園には何度も行ったことがあるとしても。そのことを、変わり果ててしまったかつての親友が忘れてしまっているのだとしても。
 彼女は、元は俺と同い年の、男だった。お互い一人っ子で、家も隣同士だったから、何をするにも一緒だった。自転車に乗って、遠い遠い公園まで冒険して、両親に怒られたりした。まるで双子の兄弟みたいな感じだった。互いに互いを半身のように思っていた。良いことも悪いことも、二人で経験してきた。これから先も腐れ縁は続いていくのだと思っていた。だけど、2年前、高校卒業まであとわずかという時に、こいつは突然倒れた。意識不明となり、集中治療室に運ばれ、次に見たときには小柄で髪の長い少女になっていた。急性女性化病ーーーTS病だった。しかも最悪なことに、こいつを襲ったのは重度のTS病だった。肉体だけでなく、中身ーーー記憶すら変質してしまっていた。1年前に目を覚ましたとき、枕元で喜びに笑った俺を見て、こいつは不思議そうに首を傾げて、こう言った。

『あの……どちら様ですか?』

 医者の話では、リハビリと日常生活を重ねていく内に、もしかしたら記憶が甦るかもしれないとのことだった。最初はその言葉を信じて、俺はたくさんの思い出をぶつけるように話して聞かせた。だけど、無駄だった。両親のことはかろうじて納得したが、俺が親友だったことは信じなかった。困惑させるばかりで、半狂乱状態にまで追い詰めてしまい、激しく拒絶されることも何度もあった。そのうち、医者が諦めの表情で俺の肩を叩いた。

『もう、女性として、彼女を歩ませたらどうかね』

 『そのほうが彼女の幸せかもしれない』。その後ろで頷いた両親の悲痛な面持ちを見て、俺は覚悟を決めざるを得なかった。俺は親友を永遠に失ったのだ。二人の思い出はこの世に半分だけ、俺の中にしか存在しなくなってしまった。その喪失感に、俺は一人で膝をついて咽び泣いた。

「ほら、早く行きましょう!あなたの車に乗るの、私とっても好きなんです!」
「ーーーああ、行こうか」

 だが、失った半身は、別の形で取り戻すことになった。俺は彼女を支える内に、親友としてではない、別の感情が自分の中に生まれていることに気づいた。結局、彼女は、自身が元は男だったことも、俺が親友だったことも、何も思い出さないままだ。それどころか綺麗さっぱり忘れてしまっている。だが、その方が都合がいい。数ヶ月前、俺たちと一緒に卒業できなかった高校に、今度は女子高生として通いだした。成長が止まったままだったから、戸籍上の年齢もそのままというTS病患者への特例に従い、転入の形となった。彼女はそのことを受け止め、昔の性格の面影を見せつけるように前向きな姿勢で新しい人生を、女性としての人生を歩み始めている。
 俺はそんな彼女の傍にいつまでもいたいと思っている。そして、おそらく、頬をほんのり朱に染めている彼女も、同じように思ってくれているのだと思う。彼女が卒業したら、このポケットの中にある指輪を渡すつもりだ。親友ではなくなってしまったがーーーあらためて、俺の半身になってくれることを願って。







 オレは今、幸せだ。
 本当は、全部思い出してしまっているのだとしてもーーー。
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 二次創作
もくじ  3kaku_s_L.png 性転換
もくじ  3kaku_s_L.png 白銀の討ち手
もくじ  3kaku_s_L.png 小劇場
もくじ  3kaku_s_L.png Her name is Charis! !
もくじ  3kaku_s_L.png TS
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
  • 【ギャングスター with TS娘(途中)】へ
  • 【【オファニムさんありがとう】僕は、君という夢を見る ~ Schlacht von Lindwurm ~【異世界TS憑依ロボットファンタジー小説の試作】(更新 5/26)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ギャングスター with TS娘(途中)】へ
  • 【【オファニムさんありがとう】僕は、君という夢を見る ~ Schlacht von Lindwurm ~【異世界TS憑依ロボットファンタジー小説の試作】(更新 5/26)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。