性転換

エルフになって勇者と一緒に魔王を倒しに行くお話2

 ←ふと思いついたSS 「エルフになって勇者と一緒に魔王を倒しに行くお話」 →我更新せり!繰り返す、我更新せり!
♂『使者』アールハントサイド♂


『幸せな日々を送っていた人々の前に、魔王は突然現れました。魔王は強くて恐ろしくて、人々をとても苦しめました。
王様は、強くて優しくて勇敢な若者を勇者に選びます。
しかし、魔王を倒すためには長い長い冒険をしなければなりません。
疲れ果てている勇者が湖で休んでいると、勇者の前にとても美しい女の子が現れました。
“エルフ”という特別な力を持った女の子は、勇者と共に魔王を倒すことを約束しました。
エルフの助けを得た勇者は、冒険を成し遂げることができました。
二人は魔王を倒し、人々は再び平和で豊かな毎日を過ごせるようになったのです。
めでたし、めでたし。』

セシアーヌの民ならば知らない者などいない伝説。1000年前に起きた、魔王による人類殲滅・セシアーヌの魔界化を食い止めた勇者とエルフの話だ。寿命が長いことで知られるドワーフ族の最長老がさらに4倍は長生きでもしないと生き証人になれないくらい大昔の話だが、世界各地にある遺跡や資料たちが、それが本当に起きたことなのだと明言している。

「“使者”の前にも現れてくれるといいんだがな」

立ち止まり、荒い息の中で自嘲気味に漏らした台詞はどこにも跳ね返らずに暗い森へ吸い込まれていった。

ここは『聖禁森』。かつて1000年前、勇者がエルフに遭ったとされる湖がある広大な森だ。いつもは禁断の聖地として完全に封鎖され、さらに周囲に騎士団が目を光らせている。なぜその森で騎士団の一員である俺が朝から駆けずり回っているかというと、“エルフに遭う必要がある”からだ。

つまり、魔王が復活したのだ。

どうして倒したはずの魔王が蘇ったのか、前回の魔王とは別物なのか、などの疑問を解消させる暇は与えられなかった。1000年もの間ぬるま湯に浸っていた人類は、久方ぶりの強大な外敵に対してあまりに無防備だった。城壁は建築材にされ商店となり、武器は溶かされて調理器具になり、戦士という言葉はとうの昔に忘れ去られていた。そんな人類が異形の化け物を従えた魔王軍の侵攻を跳ね除けることなど不可能だった。

魔王軍は1000年かけてじわじわと広がった人類の勢力図をたった半年で10分の1にしてしまった。今、人類に残されたのは、首都タルトスとその力が及ぶほんの僅かな周囲の都市のみだ。切り立つ巨山のうねりに四方を囲まれた巨大な天然の要塞は、今のところ魔王軍の侵入を許してはいない。しかし、それも時間の問題だろう。

「急がなくては……」

休憩は終わりだ。早急に湖を探し、エルフに遭い、協力を要請しなければならない。
呼吸を整え終えると、まだ見ぬエルフを求めて鬱蒼とした森をひたすら中央に突き進む。

エルフ―――その種族名以外、どこから来たのか、仲間がいるのか、どんな文化を持っているのか、その他もろもろ一切不明の謎めいた存在だ。
伝説によると、

① 誰もが見惚れる見目麗しい容姿をしており、髪は銀色、肌は粉雪色、耳は尖っている。
② 自然との親和性が非常に高い。森や湖といった自然に接している限り、大地のマナを糧にすることができるため、飢えることも死ぬこともない。エルフを介して近くにいる人間の自然治癒力も高められる。また、動物や妖精との会話や使役も可能。
③ 対魔力に優れ、神性も高い。魔族にとっての天敵。
④ 視力・聴力といった察知能力に長け、運動能力も人間とは比べものにならない。
⑤ 独自の言語・文化・思想を持ち、人類の及ばない膨大な知識を有する。

などといった特徴があるらしい。
これら全てが本当なら、たしかに勇者が魔王を倒すことが出来たことも頷ける。「エルフは人のために神が遣わされた救世主」「エルフこそが女神」という伝承研究者たちの説も納得できる。

だが俺はというと、エルフという救世主をあまり信じてはいなかった。
平民の身から剣の腕だけで貴族集団の騎士団の小隊長にまでのし上がるには、それなりに現実的な思考をしなければならなかった。そうやって培われてきた経験が、エルフの伝説は都合のいい願望の塊だと訴えている。

それに、王や政官たちも本気で伝説を頼りにしているわけではないだろう。本当に信じているのなら、使者ではなく“本物の勇者様”を寄越したはずだ。

本物の勇者様は今頃、出征式の予行演習で大忙しだろうな。
心中で吐き捨て、本物の勇者―――騎士団大隊長、サー・クアム・ガーガルランドの嫌味な顔を想像の中でぶん殴る。

大貴族ガーガルランド家を背景に持ち、財力と名声で騎士団の大隊長の座を“買い取った”男。来週末より始まる魔王討伐出征には騎士団のほとんど全員を引き連れて進軍する予定だ。
今でさえ首都周囲の護りで手一杯の騎士団のどこにそんな余裕があるというのか。
そもそも、貴族の次男三男の寄せ集めにしか過ぎない今の騎士団は連帯意識など皆無だ。一人ひとりの剣の腕は並以上でも、まともな集団模擬戦闘はほとんどしたことがない。そんな烏合の衆が、練度の高い巨大な魔王軍に斬り込んで果たして勝算はあるのか?
1000年前に勇者が単独で行動したのは、魔王軍との正面衝突を避けて犠牲を少なくし、ピンポイントで敵の中枢を討つという戦術を選んだからではないのか。

あの男にはそれすらもわからない。いや、わかっていても実行できない。単騎で敵陣地に乗り込む勇気などカケラも持ってはいないからだ。1000年前の勇者がクアムを見れば、きっと一刀の元に切り捨てるだろう。1000万ソータム賭けてもいい。

……本当にエルフがいたとして、彼女に今の人類を救ってくれと心から頼み込めるだろうか。勇者について説明を求められたら、俺はどう取り繕えばいいんだ。

考えれば考えるほど憂鬱になってくる。もうこのまま引き返して、エルフはいなかったと報告してやろうか。しかし、引き返しても来週末には無謀な出征に強制参加だ。俺みたいな平民出身の騎士は真っ先に突っ込まされて八つ裂きにされる運命だ。戻ってもろくな最後にならないのなら、せめてこの静かな森で野垂れ死ぬのも悪くないか……。

くそっ、疲労のせいで考えがいちいち後ろ向きになってしまう。もっと携帯食料と水を持ってくるべきだった。

「……ん?」

頭を振ってネガティブな思考を振り払う。その揺れる視界に、小さな光が見えた。ひらひらと蝶のように舞いながらも意思を持って宙を飛んでいる。目を凝らせば、その後ろ姿は小さな人間によく似ていた。
本でしか見たことないが、あれは―――妖精?


エルフは妖精と会話し、使役する。


高揚の波が疲労を押し流すのを知覚した。半信半疑な感情を引きずりながらも、身体はたった今見つけた希望に向かって突き進む。鬱蒼とした木々を腕を振り乱して掻き分ける。さっきまで黙りこくっていた直感が進め進めと煽っている。第六感がこの先に“いる”と叫んでいる。

視線の先で、光が消えた。見失ったのではない。より大きな銀色の輝きに打ち消されたのだ。月光を反射して淡く光る湖面。その湖にあって、自ら鮮烈な輝きを放つ銀色に。

「×××!××!」

聞いたこともない言葉が聞こえた。セシアーヌには一つの言語しかない。ドワーフ族やハイゴブリン族といった亜人類が使用する方言が何種類かあるくらいだ。


エルフは独自の言語を持つ。


まさか、まさか、まさか!

心臓がドクンドクンと痛いくらいに高鳴る。肩を上下させるほどに息苦しかったが、それすら意識の外に追いやられた。ゆっくりと歩を進める。視界を遮っていた最後の葉をそっと払う。


「―――、―――」


息を、呑んだ。

何もかもが美しかった。宝石そのものだった。所作一つ一つが絵画のようだった。
腰まで伸びた純銀色の長髪。
向こうが透けるような純白の肌。
長い睫毛の下で瞬く、涼しそうな銀の双眸。
すうっと流れるような鼻梁。
きゅっと結ばれた淡い桜色の唇。

高貴さと気品に満ちた絶世の美少女が、俺の目の前にいた。

欲しい、と思ってしまった。平民出身とはいえ俺も騎士の端くれだ。規律や規範は人一倍持っているつもりだった。少女を目にして欲を浮かべるなどあってはならないことだった。
だが、抑えられなかった。抑える気すらも起きなかった。
肉欲、支配欲、独占欲……。欲と名のつく感情が後から後から溢れ出し、身震いを起こさせる。

もっと見たい。近くに行きたい。

無意識に突き出した腕が邪魔な茂みを掴み、


(ガサッ)


「××っ!?」

――――っ!!しまった!俺は何をしているんだ!

見ればエルフが流れるような動作で湖に手を突っ込み、振り向きざまに石を投擲してきた。咄嗟に抜刀してそれを弾くことが出来たのは、ほとんど偶然だった。

(キンッ!)
「くっ!?」

なんて俊敏さだ!まるで全身がバネで出来ているかのようだ!

痺れる腕を下げれば、エルフが再び石を投擲しようと振りかぶっていた。次を防げる自信はなかった。
剣を放り捨てて傷つける意思がないことを示し、飛び出す。

「待て!待ってくれ!襲いに来たんじゃない!俺の話を聞いてくれ!俺には、いや世界には君が必要なんだ!」
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 二次創作
もくじ  3kaku_s_L.png 性転換
もくじ  3kaku_s_L.png 白銀の討ち手
もくじ  3kaku_s_L.png 小劇場
もくじ  3kaku_s_L.png Her name is Charis! !
もくじ  3kaku_s_L.png TS
もくじ  3kaku_s_L.png 映画
  • 【ふと思いついたSS 「エルフになって勇者と一緒に魔王を倒しに行くお話」】へ
  • 【我更新せり!繰り返す、我更新せり!】へ

~ Comment ~

 

先輩からのアドバイスまとめ
首都は常に平地に作られる。未だ首都が健在な点が不明瞭。少数種族のドワーフによる魔術的な守護、に変更するべきか?その場合、貴族勇者が連れて行く出征にドワーフ参加も強制ということにする。

主人公と使者が王宮に向かう際、庶民たちの会話も入れるべき。貴族勇者を信用していない、などの不平不満と使者への信頼と高評価を描く。

そもそもエルフがあまり信用されていないのにあえて王が勇者を指名する理由は?→形式的なものか、もしくは貴族勇者自身がそれを望んだとする。

使者と貴族勇者の仲の悪さを描く。
使者…平民出身or元貴族。騎士団内の剣術大会で貴族勇者に勝ったことがある。(それは無効試合とされた)この情報を主人公(エルフ)が知り、信頼がおける方を選ぶ。

保身先決の中身凡人エルフがなぜ勇者と共にふたりだけで旅を?→頼りになりそうにない騎士団と一緒に行くより、魔王軍を避けてピンポイントで倒したほうが楽。前回の勇者とエルフもそうやってた。


これを元に今後修正を加える。

 

俺の趣味ど真ん中でござる。素晴らしい。
続きを楽しみにしてます。白銀の討ち手の方も。忙しいでしょうが頑張ってください

 

>九疑さん
うお―――っ!初めてコメント貰えた!!!ありがとうございます!!
実は僕はオリジナルSSを手がけたことがほとんどないので、設定とか考えるのに苦労しております……。同じSS作家で文芸部部長の経験を持つ高校時代の先輩にアドバイスをもらいつつ、少しずつ仕上げていこうと思います。
コメント本当にありがとうございます!!やる気百倍です!!

 

>首都は常に平地に作られる。未だ首都が健在な点が不明瞭

「緊急的に首都が平地から要塞に移された」としてもいいかも。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ふと思いついたSS 「エルフになって勇者と一緒に魔王を倒しに行くお話」】へ
  • 【我更新せり!繰り返す、我更新せり!】へ